MENU
カテゴリー

「不適切にもほどがある!」第10話(最終回)ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
不適切にもほどがある!第10話(最終回)ロケ地まとめタイトル

この記事は、2024年3月29日(金)放送のTBS金曜ドラマ「不適切にもほどがある!」第10話(最終回)のあらすじとロケ地、店舗情報を、地図や写真を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。ドラマ「不適切にもほどがある!」(ふてほど)の聖地巡礼(ロケ地巡り)のご参考にどうぞ!

\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

これまでのロケ地情報はこちら

目次

「不適切にもほどがある!」第10話(最終回)のあらすじ

「不適切にもほどがある!」の主な出演者:阿部サダヲ、仲里依紗、磯村勇斗、河合優実、坂元愛登、三宅弘城、袴田吉彦、中島歩、 山本耕史、古田新太、吉田羊
脚本:宮藤官九郎
音楽:末廣健一郎、MAYUKO、宗形勇輝
主題歌:Creepy Nuts「二度寝」(Sony Music Labels)

Creepy Nuts(ソニー・ミュージックレーベルズ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

第10話(最終回)は「アップデートしなきゃダメですか?」

タイムマシンバスが運行できるのも残り1往復。遂に昭和に戻る決心をした市郎(阿部サダヲ)は、令和での身辺整理を着々と進めていた。

最後のタイムスリップは落ち込んでいる渚(仲里依紗)のために使おうと決めた市郎は、秋津(磯村勇斗)やゆずる(古田新太)、井上(三宅弘城)らに別れを告げ、渚と共にバスに乗り込み昭和へ向かうのだった。

昭和に戻り、すっかり真面目な受験生となった純子(河合優実)に再会した市郎。だが、変わったのは純子だけではなく、令和に馴染んだ市郎の内面もまたアップデートしていた。

昭和マインド全開の中学校の在り様に疑問を持ちつつ、これから起こる自分たちの未来について思いをめぐらした市郎は・・・!?

引用:TBS金曜ドラマ「不適切にもほどがある!」公式HP

「不適切にもほどがある!」第10話(最終回)ロケ地

ヤマザキショップ あそか病院前店(東京都江東区)

最後のタイムスリップの2日前、すっかり令和の生活に馴染んだ市郎(阿部サダヲ)が手慣れた様子で買い物をしていたコンビニ。

53番のハイライト(タバコ)、袋いらない、箸いらない、スプーンいらない、ペイペイで。

こちらのロケ地は、第1話のロケ地情報に詳しく載せています。

カフェ・ド・パルファン(千葉県松戸市)

秋津(磯村勇人)がカラオケであいみょんを熱唱していた「CAFE&BAR SCANDAL」の外観。

こちらのロケ地は、第1話のロケ地情報に詳しく載せています。

古河電気工業(株) 本社(東京都千代田区)

昭和に戻る市郎が、カウンセラーの後任に社会学者として著名なサカエ(吉田羊)をリスクマネジメント部長の栗田(山本耕史)に紹介していたEBSのオフィス。

停職処分が終わり、仕事に復帰した渚(仲里依紗)が、上司の瓜生(板倉俊之〔インパルス〕)に挨拶をしていたオフィス。

こちらのロケ地は、第2話のロケ地情報に詳しく載せています。

千葉大学医学部附属病院(千葉県千葉市)

市郎が入院しているゆずる(古田新太)に会いに行った病院。

ここでお別れしても、過去でまた会えるという話で盛り上がる二人。「お父さんがいくら反対してもゆずる、譲りませんから」

ゆずるが「たまには後ろも振り返り。ゆずる時にはゆずりましょう」と歌っていた病院の廊下。

千葉県千葉市中央区亥鼻1丁目8-1
最寄り駅:千葉駅(JR総武本線など)よりバス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次