MENU
カテゴリー

「不適切にもほどがある!」第5話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
不適切にもほどがある!第5話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2024年2月23日(金)放送のTBS金曜ドラマ「不適切にもほどがある!」第5話のあらすじとロケ地、店舗情報を、地図や写真を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。ドラマ「不適切にもほどがある!」(ふてほど)の聖地巡礼(ロケ地巡り)のご参考にどうぞ!

\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

これまでのロケ地情報はこちら

目次

「不適切にもほどがある!」第5話のあらすじ

「不適切にもほどがある!」の主な出演者:阿部サダヲ、仲里依紗、磯村勇斗、河合優実、坂元愛登、三宅弘城、袴田吉彦、中島歩、 山本耕史、古田新太、吉田羊
脚本:宮藤官九郎
音楽:末廣健一郎、MAYUKO、宗形勇輝
主題歌:Creepy Nuts「二度寝」(Sony Music Labels)

Creepy Nuts(ソニー・ミュージックレーベルズ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

第5話は「隠しごとしちゃダメですか?」

「父親に会ってほしい」と渚(仲里依紗)に連れられた市郎(阿部サダヲ)は、ホテルのラウンジで犬島ゆずる(古田新太)と対面していた。
なぜか市郎のことを「おとうさん」と呼ぶゆずるに対し、“おとうさん”はそっちだとイライラする市郎。そのやり取りを見ていた渚は、市郎にある写真を見せるのだった。

一方、昭和では、サカエ(吉田羊)がひょんなことからキヨシ(坂元愛登)のクラスに不登校の生徒がいることを知る。キヨシも令和では不登校だったと知った純子(河合優実)は、「その子の話し相手になってあげれば」と提案。SNSのない時代にどう連絡を取ったらいいものかと頭を抱えるキヨシだが、昭和ならではの“ある連絡手段”を思いつき・・・!?

引用:TBS金曜ドラマ「不適切にもほどがある!」

「不適切にもほどがある!」第5話ロケ地

旧足利西高校(栃木県足利市)

純子(河合優実)が通っている東京都立墨田東高等学校の外観と教室。

サカエ(吉田羊)が保護者がわりに、純子の三者面談に参加。大学に入らないとミスキャンパスにもなれないし、オールナイトフジにも出られないし、川島なお美と同じ青学に入りたい、裏口でいいからフェリス入りたいとか言って先生を困らせる純子。

市郎が野球部の指導をしていた葛飾区立第六中学校の校庭。市郎に結婚を認めてもらえない純子とゆずる(当時:錦戸亮)が渚を連れて会いに行きましたが、抱っこさえしてもらえず…。

こちらのロケ地は、第1話のロケ地情報に詳しく載せています。

ホテルニューオータニ幕張(千葉県千葉市)

市郎(阿部サダヲ)が、渚(仲里依紗)の父・ゆずる(古田新太)と対面したラウンジ。

渚が市郎に自分を抱っこしている純子の写真を送り、自分が純子の娘であることを打ち明けます。渚は市郎の孫。

こちらのロケ地は、第4話のロケ地情報に詳しく載せています。

撮影スタジオポリゴンズ・ストアポリゴンズ(東京都台東区)

女子大生になった純子が、モデル事務所にスカウトされ、撮影していたスタジオ。

東京都台東区花川戸1丁目3
最寄り駅:浅草駅(東京メトロ銀座線/都営浅草線/東武伊勢崎線)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次