MENU
ドラマファンtokyo カテゴリー

「春になったら」第11話(最終話)ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
春になったら第11話(最終話)ロケ地まとめタイトル

この記事は、2024年3月25日(月)放送の関西テレビ(フジテレビ系列)「春になったら」第11話(最終話)のあらすじとロケ地、店舗情報を、地図や写真を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。フジテレビ月10「春になったら」の聖地巡礼(ロケ地巡り)のご参考にどうぞ!

これまでのロケ地情報はこちら

目次

「春になったら」第11話(最終話)のあらすじ

「春になったら」の主な出演者:奈緒、木梨憲武、深澤辰哉、見上愛、西垣匠、影山優佳、矢柴俊博、光石研、橋本マナミ、筒井真理子、小林聡美、濱田岳
脚本:福田靖(代表作:「ガリレオ」「まんぷく」など)
主題歌:福山雅治「ひとみ」

福島節/澤田かおり・YUKI KANESAKA(日本コロムビア)

第11話(最終話)は「人生最大のサプライズ! 父娘、旅立ちの時」

3月25日。瞳(奈緒)と一馬(濱田岳)の結婚式当日、椎名家には朝からまき(筒井真理子)と阿波野(光石研)がやって来て、雅彦(木梨憲武)が新婦の父として瞳の隣に立てるよう、万全のサポート体制を整える。そんななか、瞳はなぜか雅彦の目をかいくぐるようにして、一足先に式の会場へ。慌ただしく出て行く瞳に、雅彦は一抹の寂しさを覚えながらも、妻・佳乃(森カンナ)の写真に「行ってくるからな」と伝え、まきと阿波野に支えられながら家の外へ。その後、雅彦が目にしたのはー。

瞳から愛する父へ贈る最後のプレゼント。瞳(奈緒)と一馬(濱田岳)が心をこめて作り上げた一世一代の結婚式の行方は果たして。

父と娘、そしてその周囲を囲む全員でかけぬけた、笑顔と涙が凝縮された、かけがえのない3ヶ月。迎える春になったら、この親子は、みんなは、どんな日常を過ごしているだろうかー。

引用:関西テレビ「春になったら」公式HP

「春になったら」第11話(最終話)ロケ地

新川沿いの遊歩道(東京都江戸川区)

2023年3月9日、瞳(奈緒)が桜のつぼみを見ていた遊歩道。そこへ父・雅彦(木梨憲武)が自転車で通りかかり、一緒に帰ることに。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次