MENU
カテゴリー

「春になったら」第9話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
春になったら第9話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2024年3月11日(月)放送の関西テレビ(フジテレビ系列)「春になったら」第9話のあらすじとロケ地、店舗情報を、地図や写真を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。フジテレビ月10「春になったら」の聖地巡礼(ロケ地巡り)のご参考にどうぞ!

これまでのロケ地情報はこちら

目次

「春になったら」第9話のあらすじ

「春になったら」の主な出演者:奈緒、木梨憲武、深澤辰哉、見上愛、西垣匠、影山優佳、矢柴俊博、光石研、橋本マナミ、筒井真理子、小林聡美、濱田岳
脚本:福田靖(代表作:「ガリレオ」「まんぷく」など)
主題歌:福山雅治「ひとみ」

福島節/澤田かおり・YUKI KANESAKA(日本コロムビア)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

第9話は「タイムカプセル発掘大作戦! 娘が大奮闘」視聴率は5.1%でした

自身の葬式のプランを相談するため、岸(深澤辰哉)が働く葬儀場を訪ねた雅彦は、パーッと楽しい葬式にしたい、遺影も弔問客が思わず笑ってしまうような写真がいいとリクエスト。岸は、過去に類を見ない依頼に戸惑いながらも、だったら…と瞳(奈緒)が遺影の写真を撮ることを提案し、瞳も「お父さんが喜ぶなら…」と了承する。

椎名家で行われた撮影会には、岸と美奈子(見上愛)も駆けつけ、大学時代の写真部さながらの雰囲気で着々と準備が進められていく。雅彦は、そんな3人の姿にまた一つ、自分の知らなかった娘の姿を見られた喜びを感じながら、自身は底抜けの明るさで、まるで遺影とは思えないポーズを次々と繰り出す。瞳は、そんな父にあきれながらも、雅彦の願いをかなえたい一心でシャッターを切っていく。

一方、“死ぬまでにやりたことリスト”の項目は残り三つ。雅彦は、そのうちの一つで、12歳のときに小学校の校庭に埋めたタイムカプセルを掘り出したいと考えるが、すでに体の痛みは慢性化し、体力も落ちていることから半ばあきらめかけていた。そこで、瞳と一馬(濱田岳)が代わりに現地の様子を見に行くことになるが、到着した小学校の前には工事用のフェンスが立ち並んでいて…。

引用:関西テレビ「春になったら」公式HP

「春になったら」第9話ロケ地

中央区佃一丁目の船溜り(東京都中央区)

7年3ヶ月前、岸(深澤辰哉)が傘をさしながら写真を撮っていた水辺。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次