MENU
カテゴリー

「春になったら」第7話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
春になったら第7話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2024年2月26日(月)放送の関西テレビ(フジテレビ系列)「春になったら」第7話のあらすじとロケ地、店舗情報を、地図や写真を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。フジテレビ月10「春になったら」の聖地巡礼(ロケ地巡り)のご参考にどうぞ!

これまでのロケ地情報はこちら

目次

「春になったら」第7話のあらすじ

「春になったら」の主な出演者:奈緒、木梨憲武、深澤辰哉、見上愛、西垣匠、影山優佳、矢柴俊博、光石研、橋本マナミ、筒井真理子、小林聡美、濱田岳
脚本:福田靖(代表作:「ガリレオ」「まんぷく」など)
主題歌:福山雅治「ひとみ」

福島節/澤田かおり・YUKI KANESAKA(日本コロムビア)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

第7話は「ふたりで最後の家族旅行! 芸人の一大決心」視聴率は5.6%でした

雅彦(木梨憲武)がサプライズで開いた退院祝いを機に、ギクシャクしていた一馬(濱田岳)との関係を修復した瞳(奈緒)。雅彦も、一馬や龍之介(石塚陸翔)の隣で幸せそうに笑う娘の姿に、もう2人の結婚に反対はしないと決める。一方で、病魔は容赦なく雅彦の体をむしばみ、食は細くなり、手にもしびれが出始めた雅彦は、できないことが増えていくことへの悔しさと不安を募らせる。それでも、そんな思いを払拭するかのように、瞳が“結婚までにやりたいことリスト”に書き足した「お父さんと旅行に行く。もう一度」をかなえるべくキャンプに行こうと提案する。

雅彦の薬の量が増えていることに気づいていた瞳は、体調が心配でキャンプへ行くことをちゅうちょするが、まき(筒井真理子)から雅彦が楽しみにしていると聞いて覚悟を決める。さらに、「俺に気を使うな」という雅彦の言葉や、「たまには自分で自分の機嫌をとってあげなきゃ」という節子(小林聡美)のアドバイスで、瞳は思い切って、美奈子(見上愛)と以前から行きたかったエステや料理教室に行く。しかし何をしていても、やはり頭に浮かぶのは雅彦のことばかり。結局、瞳はキャンプ用の道具をたくさん買い込んで家路を急ぐ。

その頃、「会って話したい」という瞳からの連絡に、「少し時間をください」と、らしくない返事をしていた一馬は、あることを決意して……。

引用:関西テレビ「春になったら」公式HP

「春になったら」第7話ロケ地

ハウススタジオ用賀PHOENIX(東京都世田谷区)

瞳(奈緒)が助産師として働いている杉村助産院。

こちらのロケ地は、第1話のロケ地情報に詳しく載せています。

モンシェリー通り(埼玉県上尾市)

ニュー加賀屋(葵揚)とグラッチェ椎名こと雅彦(木梨憲武)が折り畳み傘の実演販売をしていた商店街。

偶然通りかかった、瞳の結婚式の担当をしていたウェディングプランナーの黒沢(西垣匠)が、グラッチェ椎名の名を見てもしやと思い、実演販売後に雅彦に声をかけました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次