MENU
カテゴリー

「君が心をくれたから」第8話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
君が心をくれたから第8話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2024年2月26日(月)放送のフジテレビ「君が心をくれたから」第8話のあらすじとロケ地、店舗情報を、地図や写真を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。「君が心をくれたから」(君ここ)の聖地巡礼(ロケ地巡り)のご参考にどうぞ!

これまでのロケ地情報はこちら

目次

「君が心をくれたから」第8話のあらすじ

「君が心をくれたから」の主な出演者:永野芽郁、山田裕貴、白洲迅、出口夏希、斎藤工、松本若菜、遠藤憲一、余貴美子
脚本:宇山佳佑(代表作:『今夜、ロマンス劇場で』、『桜のような僕の恋人』〔※原作〕)
演出:松山博昭(代表作:『ミステリと言う勿れ』シリーズ)
プロデュース:草ケ谷大輔(代表作:『ミステリと言う勿れ』シリーズ)
主題歌:宇多田ヒカル「何色でもない花」

宇多田ヒカル(ソニー・ミュージックレーベルズ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

「君が心をくれたから」は、異国情緒あふれるノスタルジックな長崎を舞台にした切なく美しいラブファンタジードラマ。若者から絶大な支持を得ている純愛小説家の宇山佳佑によるオリジナル脚本で、フジテレビ・月9の「ミステリと言う勿れ」シリーズの演出:松山博昭、プロデュース:草ケ谷大輔が再びタッグを組みました。また、主題歌は、月9ドラマに23年ぶりに書き下ろす宇多田ヒカルと、話題あふれるドラマです。

第8話は「きっと誰よりも幸せな今」視聴率は5.5%でした

逢原雨(永野芽郁)は、千秋(松本若菜)から「“今”って何秒間だと思う?」と問われる。わからないと首を振る雨に千秋は、それにはいろいろな説があるが、今は十秒間、というのが一番しっくりくると話す。続けて千秋は、この十秒間を精一杯、幸せに生きることだけを考えてみてはどうか、と助言し……。

一方、朝野太陽(山田裕貴)は、望田司(白洲迅)に会い、雨が触覚を失ったこと、そして、あとひと月で視覚も失ってしまうことを打ち明ける。太陽は、ちょうどその頃に行われる桜まつりで、雨に自分が作った最初で最後の花火を見てもらいたい、と言う。太陽は、桜まつりが終わったら花火師を辞めて、雨を支えようと決意していた。司を呼んだのも、自宅でできる仕事があれば紹介してもらおうと思ったからだった。

そんなある日、太陽は雨が睡眠導入剤を服用していたことを知り、ショックを受ける。千秋は、太陽が自分のために花火師を辞めると知ったら雨が悲しむ、と告げる。すると太陽は、雨には言わないつもりだと返す。日下(斎藤工)は、太陽の選択を否定するなど案内人としてあってはならない、と千秋を非難した。

太陽は、父親の陽平(遠藤憲一)と妹の春陽(出口夏希)に、今夜雨にプロポーズすると伝える。そこで太陽は、雨が五感を失ってしまうことを陽平たちにも打ち明けるが……。

引用:フジテレビ「君が心をくれたから」公式HP
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

「君が心をくれたから」第8話ロケ地

パペルブルグ(東京都八王子市)

太陽(山田裕貴)と司(白洲迅)が話していた喫茶店。

太陽は、雨(永野芽郁)が触覚を失ったこと、視覚もあと一カ月で失うこと、一か月後の桜まつりで何としても雨に自分の花火を見てもらいたいことを司に伝えます。桜まつりが終わったら花火師を辞め、雨のために生きることを決意したことも。

こちらのロケ地は、第4話のロケ地情報に詳しく載せています。

プリンセスガーデンヨコハマ (神奈川県横浜市)

雨が、ショーウィンドウに飾られていたウェディングドレスを見ていたところ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次