MENU
カテゴリー

「君が心をくれたから」第6話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
君が心をくれたから第6話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2024年2月12日(月)放送のフジテレビ「君が心をくれたから」第6話のあらすじとロケ地、店舗情報を、地図や写真を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。「君が心をくれたから」(君ここ)の聖地巡礼(ロケ地巡り)のご参考にどうぞ!

これまでのロケ地情報はこちら

目次

「君が心をくれたから」第6話のあらすじ

「君が心をくれたから」の主な出演者:永野芽郁、山田裕貴、白洲迅、出口夏希、斎藤工、松本若菜、遠藤憲一、余貴美子
脚本:宇山佳佑(代表作:『今夜、ロマンス劇場で』、『桜のような僕の恋人』〔※原作〕)
演出:松山博昭(代表作:『ミステリと言う勿れ』シリーズ)
プロデュース:草ケ谷大輔(代表作:『ミステリと言う勿れ』シリーズ)
主題歌:宇多田ヒカル「何色でもない花」

宇多田ヒカル(ソニー・ミュージックレーベルズ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

「君が心をくれたから」は、異国情緒あふれるノスタルジックな長崎を舞台にした切なく美しいラブファンタジードラマ。若者から絶大な支持を得ている純愛小説家の宇山佳佑によるオリジナル脚本で、フジテレビ・月9の「ミステリと言う勿れ」シリーズの演出:松山博昭、プロデュース:草ケ谷大輔が再びタッグを組みました。また、主題歌は、月9ドラマに23年ぶりに書き下ろす宇多田ヒカルと、話題あふれるドラマです。

第6話は「声の手ざわり」視聴率は6.2%でした

逢原雨(永野芽郁)は、朝野太陽(山田裕貴)と付き合い始めた。雨の祖母・雪乃(余貴美子)がガン闘病で入院していることもあり、雨のことが心配になった太陽は、雪乃の家で彼女と一緒に暮らし始める。だが雨は、太陽との生活にまだ慣れない様子だった。そんな雨に太陽は、「これからは『雨』って呼びたい」と申し出る。自分の名前が苦手な雨は、少し考えさせてほしい、と返す。

雪乃の部屋を掃除していた雨は、古いボイスレコーダーを見つける。雪乃と雨は、そのボイスレコーダーを使って互いにメッセージを録音し、声の交換日記をしていたことがあった。当時小学生だった雨にとって、優しくて温かい雪乃の声は一番大切な宝物だった。

その時、雪乃が入院している病院から、容態が急変したとの知らせが入る。病院へ駆けつける雨。すると雪乃は、家に連れて帰ってほしいと雨に頼む。病院から、もし何かあっても責任は取れない、と告げられた雨は悩むが、太陽から「大丈夫、俺もいるから」と励まされ、帰宅する。

「あと何日もつかどうか」。そう感じていた雪乃は、雨にひとつお願いをする。それは、雨の母・霞美(真飛聖)を連れた、最初で最後の家族旅行に出かけることだった―。

引用:フジテレビ「君が心をくれたから」公式HP
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

「君が心をくれたから」第6話ロケ地

立川病院(東京都立川市)

祖母の雪乃(余貴美子)が急変したと連絡を受けた雨(永野芽郁)が駆け付けた長崎平和記念病院。

雨が太陽(山田裕貴)も呼び、家に帰りたいという雪乃を一時外泊させることに。

太陽が、看護師さんから雨の母・霞美(真飛聖)について説明を受けていた病院の渡り廊下。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次