MENU
ドラマファンtokyo カテゴリー

「いちばんすきな花」第7話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
いちばんすきな花第7話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年11月23日(木)放送のフジテレビ「いちばんすきな花」第7話のあらすじとロケ地、店舗情報を、地図や写真を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。ドラマ「いちばんすきな花」(すき花)の聖地巡礼(ロケ地巡り)のご参考にどうぞ!

これまでのロケ地情報はこちら

目次

「いちばんすきな花」第7話のあらすじ

「いちばんすきな花」主な出演者:多部未華子、松下洸平、今田美桜、神尾楓珠、齋藤飛鳥、白鳥玉季、黒川想矢、田辺桃子、泉澤祐希、臼田あさ美、仲野大賀 他
プロデュース:村瀬健
脚本:生方美久
音楽:得田真裕
主題歌:藤井風「花」

「いちばんすきな花」は、社会現象にもなった2022年10月期フジテレビ木10枠のドラマ「silent」の、プロデュース:村瀬健、脚本:生方美久、音楽:徳田真裕、演出:高野舞が再び集結した話題のドラマです。

第7話は「引っ越し決めました…4人の知らない秘密」視聴率は5.1%でした

春木椿(松下洸平)の家で、潮ゆくえ(多部未華子)、深雪夜々(今田美桜)、佐藤紅葉(神尾楓珠)は、4人で初めて自炊した鍋を楽しもうとしていると、椿が突然「引っ越すことにしました」と切り出す。家を売りに出していたのか尋ねるゆくえに対して、椿は前にこの家に住んでいた人が買い戻したいと言っていると不動産屋から聞かされた事を明かす。「なんか、わがままですね」と、思わず口にしてしまうゆくえに対し、椿は想定外に一人になってしまったのでちょうどいいと思ったと説明するが、この決断に夜々も納得がいかない。そして、この家の前の住人を探していた紅葉といがみ合う。

アパートに帰ったゆくえがこのみ(齋藤飛鳥)に椿の家での出来事を話す。このみは「なんでお花屋さんが引っ越すだけでそんなギスギスするの?」と不思議そう。ゆくえは、この4人だから、あの場所が良いということもあると言うのだが…。

引用:フジテレビ「いちばんすきな花」公式HP

「いちばんすきな花」第7話ロケ地

グラッド(東京都港区)

夜々(今田美桜)が働く美容院「スネイル」。

こちらのロケ地は、第1話のロケ地情報に詳しく載せています。

カラオケ館 西八王子店(東京都八王子市)

ゆくえ(多部未華子)が一人カラオケを楽しんでいたカラオケ店。(※1話と同じ西八王子店かと思われますが、違っていたら申し訳ありません。)

ドリンクを取りに行こうとドアを開けると、向かいの部屋のドアも同時に開き、親友だった鼓太郎(仲野太賀)と鉢合わせ。

二人は、ドアを少しだけ開き、それぞれの部屋から出ないで会話を楽しみました。

こちらのロケ地は、第1話のロケ地情報に詳しく載せています。

サンスタジオ砂町801マンション(東京都江東区)

鼓太郎が峰子(田辺桃子)と新婚生活を送るマンション。

峰子が疲れて帰ってきたところで、一人カラオケに行ったら偶然ゆくえと会って話をしたことを報告する鼓太郎。

二人に恋愛感情がないことはわかりつつも、自分には補えない、彼女とか夢からは得られない栄養をゆくえから得ていることが嫌な峰子。「コタくんのこと、自分の栄養だけで育てたいの。」

こちらのロケ地は、第6話のロケ地情報に詳しく載せています。

ひの市民活動支援センター(東京都日野市)

ゆくえが講師をしている学習塾「おのでら塾」。

穂積朔也(黒川想矢)が、望月希子(白鳥玉季)と一緒に学校を早退して塾へきました。

答え合わせじゃなくて間違い探しだと思っちゃうから、答え合わせが苦手という希子。その意見に「わかる。なんでも間違ってる前提で見ちゃうんだよね。」と賛同するゆくえ。

こちらのロケ地は、第1話のロケ地情報に詳しく載せています。

株式会社トーハン本社(東京都新宿区)

紅葉(神尾楓珠)が、自分のイラストが小説の表紙のカバーに採用され、見本を見せてもらった白波出版の会議室。

嬉しいを通り越してこれでよかったのかと不安になる紅葉に、正解はなく反響をもらって初めて答えが出ると担当編集の後藤(滝沢めぐみ)が伝えます。

紅葉が椿(松下洸平)に電話をした白波出版のロビー。

こちらのロケ地は、第4話のロケ地情報に詳しく載せています。

新虎通り(東京都港区)

紅葉が、椿の出版社から出る小説の表紙に自分のイラストが採用された話を歩きながら話していた歩道。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次