MENU
ドラマファンtokyo カテゴリー

『だが、情熱はある』第8話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
だが、情熱はある第8話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年5月28日(日)22時30分放送の日本テレビ『だが、情熱はある』第8話のあらすじとロケ地情報を地図を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。

\「だが、情熱はある」新主題歌 King&Prince「なにもの」2023年6月21日㈬発売!/

\「だが、情熱はある」主題歌 SixTONES「こっから」2023年6月14日㈬発売!/

これまでのロケ地情報はこちら

目次

『だが、情熱はある』第8話のあらすじ

第8話は「そっちの道でいいですか?」。視聴率は3.9%でした。

2004年、南海キャンディーズ・山里亮太(森本慎太郎)は、初出場のM-1グランプリでいきなり準優勝という結果を残し、人生が一夜にして激変。
今まで無愛想だったスーパーの店員が急にチヤホヤしてくるし、生意気だった劇場スタッフも“手のひら返し”ですり寄って来る。
仕事のスケジュールは年が明けてもパンパンで、休憩する間もないほど現場から現場へ大忙し。
実家には親戚や知り合いからお祝いの品がひっきりなしに届いて勤(三宅弘城)も瞳美(ヒコロヒー)も大喜びだ。

まさにブレーク真っただ中、欲しかった生活をようやく手に入れた…はずなのに、山里は徐々に疲弊してく…。
周りは「M-1よりも面白いネタを」と要求してくるが、そもそもネタを作る時間がないし、もてはやされるのは相方のしずちゃん(富田望生)ばかり。
頑張ってるのは俺の方なのに…。
イラ立つ山里はしずちゃんに当たり散らし、マネージャー・高山(坂井真紀)の忠告にも耳を貸さない。

そんな中、しずちゃんに映画出演のオファーが舞い込み、気に入らない山里は、そのオファーをもみ消そうとして…。
一方、若林正恭(髙橋海人)と春日俊彰(戸塚純貴)のナイスミドルは、社長の提案でコンビ名を『オードリー』に改名。
これを機に漫才だけでなくトーク力も身に付けたいと考える若林は、社長に「トークライブをやらせてほしい」と直談判。

だが、劇場を借りるお金などあるはずもないオードリーは、仕方なく春日の部屋をライブ会場に決め、自分たちのwebサイトで観客を募集。
10人にも満たないお客さんを相手にトークライブを開催する。
智子(中田青渚)や鈴代(白石加代子)も見に来てくれるが、正直カッコ悪いし、恥ずかしいし、惨めだし…だけどなぜだかほんの少し幸せな気持ちになる若林。
そしてこの地味なトークライブの経験が、思わぬ仕事につがなっていく…!

地下芸人の若林に転機到来!売れた山里は自滅寸前!?
ねたんでひがんでうらやんで…抑えきれない負の感情が、ついに2人を同じ舞台に引き寄せる!!

引用:日本テレビ『だが、情熱はある』公式HP

\原作はありませんが、元となっている二人のエッセイ本はこちらです/

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

『だが、情熱はある』の最新話を無料配信しているのは?

TVerで最新話の無料配信をしています。

『だが、情熱はある』を最新話まで全話配信しているのは?

huluで最新話まで全話配信しています。

『だが、情熱はある』第8話ロケ地

ベニースーパー佐野店(東京都足立区)

M-1グランプリで準優勝した南海キャンディーズの山里(森本慎太郎)が買い物をしていたスーパー。

最初はイワシフライを買おうとしていたが、「芸能人の人もこういうのを買いはるんやね。」とマダムに言われ、つい鰻の蒲焼きの方を選び直す山里。店員さんにはサービスで半額シールを貼ってもらったりと、有名人になる前と後での対応の違いをひしひしと感じます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次