『風間公親ー教場0ー』第8話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
風間公親ー教場0ー第8話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年5月29日(月)に放送のフジテレビ『風間公親ー教場0ー』第8話のあらすじとロケ地情報を地図を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。

これまでのロケ地情報はこちら

目次

『風間公親ー教場0ー』第8話のあらすじ

第8話は「闇中の白霧」。視聴率は9.4%でした。

風間公親(木村拓哉)は、新人刑事の鐘羅路子(白石麻衣)とともに、変死体が発見された古い木造一軒家に臨場する。死体となって発見されたのは27歳の女性・小田島澄香(ソニン)。澄香は2ヵ月前に母親を亡くしてこの家を相続していた。外傷がなかったことから、死因は毒物による中毒症状の可能性が高い。テーブルには大盛りの中華料理が残されており、二人分の箸と取り皿、カップ、点鼻薬があった。また、一方の食器だけ、指紋が拭き取られていた。それを見て、容疑者は男のような気がする、と言い出す路子。

澄香の家の仏壇からは、住所録が見つかっていた。そこには、名前と住所、電話番号が記されていたが、それを見ていた路子の手が止まる。そこには路子の同棲相手である西田徹(渋谷謙人)と徹の友人、実相寺実の名前があったからだった。路子は、徹から頼まれ、実相寺に警察の捜査が及んでいるかどうかを密かに調べていた。

そんな中、風間と路子は、澄香が死亡した日にメッセージのやり取りをしていた個人のネット販売業者・名越哲弥(小池徹平)の事務所を訪れる。澄香は名越に「あなたを自由にしてあげる」「うちで最後の食事は?」というメッセージを送っていた。

引用:フジテレビ『風間公親ー教場0ー』公式HP

『風間公親ー教場0ー』の原作本はこちら

『風間公親ー教場0ー』最新話の無料配信は?

TVerで最新話の無料配信をしています。

『風間公親ー教場0ー』を最新話まで全話配信しているのは?

FODで最新話まで全話配信しています。

『風間公親ー教場0ー』第8話ロケ地

大和荘(神奈川県川崎市)

風間(木村拓哉)の目を千枚通しで刺した十崎波琉(森山未來)の住むアパート。柳沢浩二(坂口憲二)らが突入。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次