MENU
カテゴリー

『だが、情熱はある』第3話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
だが、情熱はある第3話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年4月23日(日)22時30分放送の日本テレビ『だが、情熱はある』第3話のあらすじとロケ地情報を地図を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。

これまでのロケ地はこちら

\「だが、情熱はある」主題歌SixTONES「こっから」2023年6月14日発売!/

目次

『だが、情熱はある』第3話のあらすじ

第3話は「ひとの心が見えますか?」。視聴率は3.7%でした。

オードリー・若林正恭(髙橋海人)は、南海キャンディーズ・山里亮太(森本慎太郎)と組んだユニット『たりないふたり』の解散ライブ終了後に倒れ、病院に運ばれた。若林はもうろうとする意識の中で父の名をつぶやくが、病院に駆け付けた家族の中に父の姿はなく…。

1999年・春――。大学に通う傍ら大阪の芸人養成所『NSC』に入学した山里は、漫才やコントの台本を書きためながら相方探しに奔走していた。関東出身というだけで毛嫌いする関西の生徒たちに煮え繰り返る思いを抱きながら、ようやく同期の宮崎を口説いて『侍パンチ』を結成。だが、授業で自信のネタを披露しても全くウケずに玉砕。

そんな侍パンチとは対照的に、同期で実力No.1のコンビ『ヘッドリミット』は授業でネタを見せれば大ウケし、早くも女性ファンを獲得。
焦る山里は相方への厳しい駄目出しを始め…。
一方の若林は、大学に通いながら春日(戸塚純貴)と一緒に芸能事務に所属し、コンビ名『ナイスミドル』で活動を始めるが、仕事といえば小さなステージで月に2回、無料で漫才を披露することぐらい。

しかも客席はいつも同じ女性2人だけ。時間はたっぷりあるのにお金はない。父親からは「そんなの仕事なんていえない」と認めてもらえず、春日も就活すると言い出して、若林はもやもやした思いを募らせていく…。
いつまでも学生気分じゃいられない。就職か、お笑いか。何をやってもうまくいかない若林と山里の空回り人生が加速する!!

引用:日本テレビ『だが、情熱はある』公式HP

\原作はありませんが、元となっている二人のエッセイ本はこちらです/

\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

『だが、情熱はある』の最新話を無料配信しているのは?

TVerで最新話の無料配信をしています。

『だが、情熱はある』を最新話まで全話配信しているのは?

huluで最新話まで全話配信しています。

『だが、情熱はある』第3話ロケ地

北沢タウンホール(東京都世田谷区)

オードリーの若林正恭(髙橋海人)と南海キャンディーズの山里亮太(森本慎太郎)が組んだユニット「たりないふたり」の解散ライブ(無観客配信ライブ)が行われた会場。

こちらのロケ地は、第1話のロケ地情報に詳しく載せています。

立川病院(東京都立川市)

ライブ後に倒れた若林が救急搬送された中央医科大学病院の外観とロビー。

母(池津祥子)と姉(箭内夢菜)が病院に到着した際、ロビーにいたプロデューサーの島(薬師丸ひろ子)が挨拶しました。若林が意識が朦朧とする中、何度も「親父。親父。」と呼んでいたので、父親は来られないのかと島が聞くと、母が「亡くなりました。少し前に。」と答えたので、不思議そうな顔をする島でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次