MENU
ドラマファンtokyo カテゴリー

「マイ・セカンド・アオハル」第8話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
マイ・セカンド・アオハル第8話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年12月5日(火)放送のTBS火曜ドラマ「マイ・セカンド・アオハル」第8話のあらすじとロケ地、店舗情報を、地図や写真を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。「マイ・セカンド・アオハル」の聖地巡礼(ロケ地巡り)のご参考にどうぞ!

これまでのロケ地情報はこちら

目次

「マイ・セカンド・アオハル」第8話のあらすじ

「マイ・セカンド・アオハル」の主な出演者:広瀬アリス、道枝駿佑(なにわ男子)、伊原六花、飯沼愛、水沢林太郎、箭内夢菜、濱尾ノリタカ、イモトアヤコ、安藤政信
脚本:北川亜矢子
主題歌:なにわ男子「I Wish」

なにわ男子(ジェイストーム)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

第8話は「究極の選択!二人が描く未来—」

サグラダファミリ家では、佐弥子(広瀬アリス)の学内コンテスト入賞の祝賀会が開かれていた。現シェアハウスのメンバーに加え日向(安藤政信)やキイナ(伊原六花)、さらに眞子(イモトアヤコ)も参加して大いに盛り上がる中、話題は結婚や将来のことに。拓(道枝駿佑)が年下ということもあり、デリケートな話題にヒヤヒヤする佐弥子だったが、拓は心ここに在らずといった様子だ。

みんなが将来について色々考えていると知り、不安を感じた佐弥子はインターンに申し込むことを決意する。インターンの面接を受けた佐弥子だったが、面接官・栗田理恵(森カンナ)の反応から落ちたと察する佐弥子。しかし、どうしてもそこの会社を諦められない佐弥子はなんとかチャンスを掴もうと、栗田に猛アタックを始めるのだった。

一方の拓は、スイスの有名建築家からのオファーに答えを出せずにいた。佐弥子と遠距離になるのが不安でひとり悩む拓だったが、お正月に佐弥子の実家に誘われたことがキッカケとなり、拓はついにある決断をし…!?

佐弥子と拓、二人が描く未来とはーー。

引用:TBS火曜ドラマ「マイ・セカンド・アオハル」公式HP
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

「マイ・セカンド・アオハル」第8話ロケ地

三浦バンビーノシーサイドスタジオ(神奈川県三浦市)

佐弥子(広瀬アリス)たちが住んでいるシェアハウス「サグラダファミリ家」の外観。

佐弥子の学内コンペ入賞を祝う会が行われるために、初めて眞子(イモトアヤコ)も来訪。日向(安藤政信)に一目ぼれしました。

佐弥子が、自分の人生設計がどんぶり勘定すぎると嘆いていたシェアハウスの前。その時、母から電話があり、お正月に帰ってくるなら拓も連れて来なさいよと外堀を埋めようとしていました。

こちらのロケ地は、第1話のロケ地情報に詳しく載せています。

東海大学 湘南キャンパス(神奈川県平塚市)

佐弥子たちが通う潮海大学のキャンパス。

インターンの貼り紙を佐弥子が見ていたところは、6号館B棟かと思われます。みんなより歳をとってる佐弥子は2年から動こうと必死でした。

パソコンで作業する佐弥子に拓(道枝駿佑)が見とれていたのは、ログハウスの屋外スペースです。

佐弥子がインターンの面接の愚痴を日向に言っていたのは、1号館の屋上です。周りの同世代が20代でスキルやキャリアを積み上げている時に、自分はこんなはずじゃなかったとお酒を飲みながらくだを巻いていただけ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次