MENU
ドラマファンtokyo カテゴリー

『風間公親ー教場0ー』第11話(最終回)ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
風間公親ー教場0ー第11話(最終回)ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年6月19日(月)に放送のフジテレビ『風間公親ー教場0ー』第11話(最終回)のあらすじとロケ地情報を地図を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。

\『風間公親ー教場0ー』主題歌 Uru「心得」CD好評発売中/

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

これまでのロケ地情報はこちら

目次

『風間公親ー教場0ー』第11話(最終回)のあらすじ

第11話(最終回)は「仏罰の報い」。視聴率は10.6%でした。

風間公親(木村拓哉)らを襲って逃亡中の被疑者・十崎波瑠(森山未來)による犯行と思われる殺人事件が発生した。事件が起きたのは、有機化学者で大学教授の清家総一郎(北大路欣也)の邸宅。被害者は、清家の娘・甘木紗季(森カンナ)の夫で、無職の甘木保則(馬場徹)だった。保則の背中には千枚通しが突き刺さっていた。

「義理の息子が殺されたようだ」と警察に通報したのは、第一発見者でもある清家だった。実は清家は、二年前に実験中の事故で劇薬を浴びて失明していたため、指輪を触ってリビングに倒れていたのが保則だと判断したという。風間とともに臨場した隼田聖子(新垣結衣)は、清家から詳しい話を聞く。清家は、無職の保則に毎月50万円の生活費を渡しており、保則は昨夜8時ごろそれを取りにやって来たのだという。ふたりは酒を飲み、清家は飲み続けている保則を残していつものように先に就寝したらしい。翌朝、目を覚ました清家は、リビングで倒れている保則に躓き、彼が殺されたと通報したのだという。一方、医師だという紗季は、犯人に心当たりがなく、十崎のことも知らないと証言する。隼田は、視覚障碍者である清家には殺人は無理だと判断し、十崎の行方を追おうとする……。

引用:フジテレビ『風間公親ー教場0ー』公式HP

『風間公親ー教場0ー』の原作本はこちら

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

『風間公親ー教場0ー』最新話の無料配信は?

TVerで最新話の無料配信をしています。

『風間公親ー教場0ー』を最新話まで全話配信しているのは?

FODで最新話まで全話配信しています。

『風間公親ー教場0ー』第10話(最終回)ロケ地

大泉家住宅洋館(埼玉県川口市)

甘木紗季(森カンナ)の夫・甘木保則(馬場徹)が、清家総一郎(北大路欣也)から生活費の50万円を受け取りにきた清家邸。その後、甘木が背中から千枚通しで殺害される事件が起こりました。

清家が甘木を千枚通しで刺したことを認め、連行される清家を紗季が泣きながら門のところでお別れしたところ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次