MENU
カテゴリー

「366日」第6話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
366日第6話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2024年5月13日(月)放送のフジテレビ月9「366日」第6話のあらすじとロケ地、店舗情報を、地図や写真を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。「366日」(ドラマ366日)の聖地巡礼(ロケ地巡り)のご参考にどうぞ!

これまでのロケ地情報はこちら

目次

「366日」第6話のあらすじ

「366日」の主な出演者:広瀬アリス、眞栄田郷敦、坂東龍汰、長濱ねる、綱啓永、夏子、中田青渚、中沢元紀、清乃あさ姫、和久井映見、前田公輝、戸田菜穂、北村一輝、佐藤景瑚
脚本:清水友佳子(代表作:「最愛」「リバーサルオーケストラ」「エール」など)
演出:平川雄一郎(代表作:「義母と娘のブルース」など)、宮木正悟(代表作:「失恋ショコラティエ」など)、片山雄一(代表作:「うちの弁護士は手がかかる #0」など)
主題歌:HY「366日(Official Duet ver.)」(Polydor Records/Asse!! Records)

第6話は「何もやらないうちから、諦めたくないんだ」視聴率は5.6%でした※関東地区・世帯視聴率

雪平明日香(広瀬アリス)は、記憶を取り戻した水野遥斗(眞栄田郷敦)について、輝彦(北村一輝)、智津子(戸田菜穂)、花音(中田青渚)とともに池沢友里(和久井映見)の説明を受ける。遥斗が思い出したのは中学までの記憶で、家族や幼なじみはわかるが、それ以降の記憶はなかった。友里は最近の記憶を取り戻すかどうかは現時点では何とも言えないと告げ、徐々に遥斗を普通の生活に戻すようアドバイス。まずは、一時帰宅の準備を始めることに。

明日香は見舞いに来た小川智也(坂東龍汰)、下田莉子(長濱ねる)と一時帰宅用に遥斗に携帯電話の使い方を教える。ふと、遥斗は明日香に「ごめん、思い出せなくて」と謝った。明日香は「焦らなくてよい」と返すのだが、不安はぬぐえない。

一方、帰り道、智也は莉子が恋人と別れたことを知る。莉子を励ます智也だが、自分は会社の野球部でベンチ入りメンバーからはずされていた。別の日、病室に来た吉幡和樹(綱啓永)は遥斗とLINEを交換。明日香が来ると、和樹は冗談まじりに2人の邪魔は出来ないと帰っていく。

入れ違いに看護師の宮辺紗衣(夏子)が薬を置きに来た。明日香が、紗衣はイラストを描くのが趣味と遥斗に教える。と、どこかで携帯が鳴った。和樹が忘れていったのだ。着信表示が以前、和樹の会社で会った佐竹芽美(高田里穂)だと気づいた明日香は電話に出ると、芽美にあることを頼まれる。

引用:フジテレビ「366日」公式HP

「366日」第6話ロケ地

川崎市国際交流センター(神奈川県川崎市)

明日香(広瀬アリス)と莉子(長濱ねる)が、遥斗(眞栄田郷敦)に携帯の使い方を教えていた城坂記念病院の中庭。

花音(中田青渚)が明日香に、遥斗の一時帰宅のことを電話で伝えていた中庭。明日香に一緒に行こうと誘いますが、家族だけの方がいいからと断られてしまいます。

智也が明日香と遥斗に、次の試合で引退することを伝えた中庭。

遥斗と明日香が野球の試合の中継を見ていた病院のラウンジ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次