MENU
カテゴリー

「アンメット-ある脳外科医の日記-」第5話ロケ地まとめ(「UNMET」episode.5 location)

当ページのリンクには広告が含まれています。
アンメット第5話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2024年5月13日(月)放送のフジテレビ「アンメット-ある脳外科医の日記-」第5話のあらすじとロケ地、店舗情報を、地図や写真を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。「アンメット-ある脳外科医の日記-」の聖地巡礼(ロケ地巡り)のご参考にどうぞ!

これまでのロケ地情報はこちら

目次

「アンメット-ある脳外科医の日記-」第5話のあらすじ

「アンメットーある脳外科医の日記」の主な出演者:杉咲花、若葉竜也、岡山天音、生田絵梨花、山谷花純、尾崎匠海(INI)、中村里帆、安井順平、野呂佳代、千葉雄大、小市慢太郎、酒向芳、吉瀬美智子、井浦新
原作:子鹿ゆずる(原作)・大槻閑人(漫画)「アンメット‐ある脳外科医の日記‐」(講談社「モーニング」連載)
脚本:篠﨑絵里子
音楽:fox capture plan
主題歌:あいみょん「会いに行くのに」(unBORDE/Warner Music Japan)
オープニング曲:上野大樹「縫い目」(cutting edge)

原作コミックはこちら

第5話は「難手術…あなたはできます」視聴率は5.6%でした※関東地区・世帯視聴率

寺の住職・成海(三宅弘城)が、読経中に意識を失い運び込まれてくる。検査の結果“もやもや病”が見つかり、治療後も脳梗塞や脳出血を引き起こす可能性をはらんでいることから、主治医のミヤビ(杉咲花)は、今後、お勤めは一切やめるよう宣告。それは事実上の引退勧告で、成海はその言葉を静かに受け止めるが、弟子の碧聴(大友律)は不安を隠せない。

早速、成海の手術が行われることになり、三瓶(若葉竜也)ミヤビを術者に指名する。しかし、もやもや病の血管は細く、手術の難易度も高いため、ミヤビは今の自分にはまだ無理だと反論する。

三瓶は「川内先生ならできます」と言い、その口ぶりはまるで手術の成功を確信したかのよう。そうした中、ミヤビは麻衣(生田絵梨花)から「三瓶先生のことは、あんまり信用しないほうがいい」と言われたことが胸の奥に引っかかる。

一方、全科で専門医レベルを目指す星前(千葉雄大)は、自分にも脳外科の手術をさせてほしいと三瓶に頼むが、あっさり断られる。星前は、自分の専門以外の知識がない医者を「専門バカ」と呼び、それによって困る患者を1人でも減らしたいと思っていたが、三瓶はその考えを真っ向から否定。すると星前は珍しく声を荒げ、相容れない2人の間には嫌な空気が漂う。しかし実は、星前の高い志の裏にはある理由が隠されていて…。

引用:カンテレ「アンメット‐ある脳外科医の日記-」公式HP

「アンメット‐ある脳外科医の日記‐」第5話ロケ地

安養院(東京都板橋区)

住職の成海(三宅弘城)が読経中に倒れた寺。

東京都板橋区東新町2丁目30-23
最寄り駅:ときわ台駅(東武東上線)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次