MENU
カテゴリー

「花咲舞が黙ってない」第5話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
花咲舞が黙ってない第5話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2024年5月11日(土)放送の日本テレビ「花咲舞が黙ってない」(第3シリーズ、2024年)第5話のあらすじとロケ地、店舗情報を、地図や写真を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。「花咲舞が黙ってない」の聖地巡礼(ロケ地巡り)のご参考にどうぞ!

これまでのロケ地情報はこちら

目次

「花咲舞が黙ってない」第5話のあらすじ

「花咲舞が黙ってない」の主な出演者:今田美桜、山本耕史、飯尾和樹、要潤、菊地凛子、上川隆也、栗山千明、三宅弘城、山田真歩
原作:池井戸潤「花咲舞が黙ってない」「不祥事」
脚本:松田裕子 / ひかわかよ
演出:南雲聖一
音楽:菅野祐悟 / 得田真裕
挿入歌:あかせあかり「いつか叶えたくて」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

原作本はこちら

第5話は「湯けむりの攻防!?」視聴率は7.6%でした※関東地区・世帯視聴率

花咲舞(今田美桜)と相馬健(山本耕史)の次なる臨店先は、山間の温泉地にある眠山支店。そこで2人は、眠山支店の取引先である老舗旅館・白鷺亭の八坂社長(高橋洋)から、旅館の改築費用5億円の融資がなかなかおりずに困っていると相談を受ける。

眠山支店の前浜支店長(マギー)は、融資に慎重な守りのタイプ。その前浜が納得するような事業計画書を作成するために、舞と相馬は白鷺亭に宿泊して顧客目線で改善点を探すことに…。

温泉と宿の料理を満喫しつつも、舞たちは旅館の問題点をチェック。その結果、料理部門の人手不足のせいで質が落ちていることが判明。高齢の五十嵐料理長(石丸謙二郎)も「限界だ」とぼやく。

課題克服のために、八坂社長はすぐに料理人探しを開始。舞と相馬は白鷺亭の融資担当者・後藤涼太(吉田健悟)と共に、白鷺亭が改善に向けて動き出したことを支店長の前浜に報告した。しかし前浜は「この街には未来がない」と言い、人口も観光客も激減し、インバウンド需要も見込めない寂れた温泉街に融資など出来ない。と話をろくに聞き入れない。

前浜の言葉に憤った舞は、眠山支店のテラー・北見容子(松熊つる松)と落合若菜(金澤美穂)に話を聞く。すると2人も前浜と同様に、この街には未来がない、私たちにできることはないとあきらめの態度を見せた。

その日の夜、再び白鷺亭を訪れた舞と相馬は、思いがけない人物の姿を目撃してしまい……!!

臨店班の知らないところで、銀行を揺るがす大きな出来事が動き出そうとしているーー!?

引用:日本テレビ「花咲舞が黙ってない」公式HP

「花咲舞が黙ってない」第5話ロケ地

新井旅館(静岡県伊豆市)

舞(今田美桜)と相馬(山本耕史)が、温泉に入り、美味しいものを食べていた旅館「白鷺亭」。

舞と相馬が、昇仙峡(菊地凛子)が旅館から出てくるのを目撃したエントランス。さらに東京第一銀行の牧野頭取(矢島健一)と紀本経営企画部長(要潤)、産業中央銀行の景山頭取(三浦浩一)ら、そうそうたる顔ぶれを見かけて驚きます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次