MENU
カテゴリー

『星降る夜に』第9話(最終話)ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
星降る夜に第9話(最終話)ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年3月14日(火)放送のテレビ朝日『星降る夜に』第9話(最終話)のあらすじとロケ地情報をお伝えしていきます。

\『星降る夜に』DVD&Blu-ray BOXは2023年7月12日発売!/

\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

これまでのロケ地情報はこちら

目次

『星降る夜に』第9話(最終話)のあらすじ

第9話(最終話)は「雪宮鈴、愛しているー10歳差ピュアラブ、ついに完結」。視聴率は7.6%でした。

妻の命を救えなかった雪宮鈴(吉高由里子)を5年にわたり逆恨みしてきた伴宗一郎(ムロツヨシ)。しかし、そんな自分にも降り注ぐ鈴の優しさや、同じ境遇に苦しむ深夜(ディーン・フジオカ)の共感に苛まれ、自らの命を絶とうと海へ向かう。しかし、すんでのところで鈴の恋人・一星(北村匠海)に全力で抱きしめられた伴は、まるで子供のように、すべての思いを吐き出すかのように、涙を流すのだった―。

そんな伴の姿は、妻・彩子(安達祐実)とお腹の中の子を同時に亡くしてから10年――涙を流せないまま、医者になること選んだ深夜の心の時計の針を、優しく進めてゆく。
ある日、妻の親友でもあった北斗(水野美紀)が営む「遺品整理のポラリス」に、突然訪れる深夜。「10年間、お願いできなくて…ごめんね」と、妻と暮らした家を整理する決心を告げるのだった。

そして迎えた遺品整理当日。鈴も見守る中、チーフの一星率いるポラリス従業員も総出で、次々と遺品が片付けられていく…。
そんな中、深夜の口から「僕が医者になったのは、復讐が理由でした―」という言葉が零れだす。隣に寄り添い、その言葉に静かに耳を傾ける鈴。これまで深夜が“胸の奥に押し込んでいた複雑な本音”が溢れ出す。

物語はついに完結へ―。
託された最後の遺品整理。
孤独な星々はやがて、繋がり大きな愛を知る。

感情を忘れて孤独に生きてきた産婦人科医・鈴と、そんな彼女に笑顔をもたらした“音のない世界”で自由に生きる10歳下の遺品整理士・一星との運命の出逢い。

君と初めて出逢ったのは、星降る夜のことだった――。
命の《はじまり》と《終わり》をつかさどる2人が迎える結末は―?

引用:テレビ朝日『星降る夜に』公式HP

\『星降る夜に』シナリオブック 発売中/

\『星降る夜に』オリジナル・サウンドトラック 2023年3月22日発売/

『星降る夜に』の最新話を無料配信しているのは?

TVerで最新話の無料配信をしています。

『星降る夜に』を最新話まで全話配信しているのは?

TELASAで最新話まで全話配信しています。

『星降る夜に』第9話(最終話)ロケ地

富津港下州第2東防波堤灯台(千葉県富津市)

伴(ムロツヨシ)が泣き崩れ、一星(北村匠海)が抱きしめた堤防。

こちらのロケ地は、第8話のロケ地情報に詳しく載せています。

滝野川稲荷湯(東京都北区)

一星、春(千葉雄大)、伴、深夜(ディーン・フジオカ)の4人で男湯に入った銭湯。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次