『星降る夜に』第2話ロケ地まとめ

星降る夜に第2話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年1月24日(火)放送のテレビ朝日『星降る夜に』第2話のあらすじとロケ地情報をお伝えしていきます。

第1話のロケ地情報はこちら。

目次

『星降る夜に』第2話のあらすじ

第2話は「恋は出会いから、加速へー10歳差ピュアラブ、本格始動。」。視聴率は7.9%でした。

星降る夜に出逢った、音のない世界で生きる遺品整理士・柊一星(北村匠海)――ちょっと図々しいけれど、慈しむような優しさにあふれる彼と“運命の再会”を果たした産婦人科医・雪宮鈴(吉高由里子)。亡き母の遺品整理を通し、まっすぐで温かい一星に心を救われた鈴は、あの日返し忘れていたマフラーを手に、海で写真を撮る彼に会いにゆく。覚えたての手話で感謝を伝える鈴、すると一星はきらめくような笑顔を見せ、そのまま突然「ありがとうって言うなら、お礼して」と切り出し、強引に鈴を映画館へ引っ張っていく。
 流されるままに、一星と共に映画を楽しみ、ハンバーガーを食べる鈴。2人の年齢が“10歳差”だと知っても、「たった10コだろ」と気にも留めないわりに、ソースを口元にくっつけたり、むくれたり、何かと子どもっぽくて無邪気な一星。かと思えば、仕事終わりの鈴をグイグイと居酒屋に誘い、親友の佐藤春(千葉雄大)を巻き込んで、遺品整理現場で見つけた伝説のAVの話や、彼が旅してきた世界の友達の話に花を咲かせるなど、鈴を非日常へと引き込んでゆく。そんな、うらやましいほど自由な彼と接するうち、窮屈に生きがちだった鈴の心は徐々にほぐれていき…。
 一方、鈴の勤務先である「マロニエ産婦人科医院」では、出産を終えたある妊婦(清水くるみ)が「子どもなんていらない」と言い放ち、その場は騒然。中でも45歳の新人産婦人科医・佐々木深夜(ディーン・フジオカ)はひときわ沈みこんでしまう――。無事この世に生を受けたのに、祝福されない命があることに納得いかない深夜。そんな彼に、自らが抱える医療裁判について鈴は語り出し…?
 そんな中、匿名妊婦が我が子を置き去りにして、病院から逃亡!? 鈴からその話を聞き、いてもたってもいられず、逃げた母親を探そうと立ち上がる一星。だが、鈴はそんな一星を引き留めて…。

引用:テレビ朝日『星降る夜に』公式HP

『星降る夜に』の最新話を無料配信しているのは?

TVerで最新話の無料配信をしています。

『星降る夜に』を最新話まで全話配信しているのは?

TELASAで最新話まで全話配信しています。

『星降る夜に』第2話ロケ地

冨浦旧港(千葉県南房総市)

鈴(吉高由里子)が一星(北村匠海)にマフラーを届けに行ったところ。

こちらのロケ地は、第1話のロケ地情報にまとめています。

シネマ・ジャック&ベティ(神奈川県横浜市)

鈴が一星に強引に連れて行かれた映画館。「ゾンビ・ハンサム・ヘブン」を一緒に見た二人。

神奈川県横浜市中区若葉町3丁目51
最寄り駅:黄金町駅(京急本線)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次