MENU
カテゴリー

『星降る夜に』第8話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
星降る夜に第8話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年3月7日(火)放送のテレビ朝日『星降る夜に』第8話のあらすじとロケ地情報をお伝えしていきます。

これまでのロケ地情報はこちら

目次

『星降る夜に』第8話のあらすじ

第8話は「僕のそばには君がいて、君のそばには誰かいますかー?」。視聴率は6.7%でした。

5年前、妻の命を救えなかった雪宮鈴(吉高由里子)を深く逆恨みし、彼女への攻撃を激化させる伴宗一郎(ムロツヨシ)。追い詰められ、周りを傷つけられ、ただ謝ることしかできず俯く鈴を、柊一星(北村匠海)と佐々木深夜(ディーン・フジオカ)はキャンプに連れ出す。

舞い散る美しい花火に誘われるように、声にならない叫びを吐き出し、号泣する鈴。それに気づかないふりをして花火を続ける2人。まっすぐな愛を注ぎながら全力で守ってくれる恋人・一星と、ポンコツだけど優しく寄り添ってくれる同僚・深夜の優しさに救われながら、鈴はふと思う。
―あの人もここにいたらよかったのかな。

一方、同じ星空を見上げている伴。マロニエ産婦人科医院に乱入し暴れるも、妻の忘れ形見である我が娘・静空(戸簾愛)の声をきっかけに、病院を後にした彼の胸には、あまりにも苦い5年間の記憶がよみがえる。「なんでお前がしあわせなんだ」――鈴に対する伴の怒りは増大する一方で…。

時を同じくして、深夜にも異変が表れる。妻・彩子(安達祐実)とお腹の中の子を同時に亡くしたという、つらい過去を持ちながらも、それを感じさせないほど朗らかだった彼が、どういうわけか誰の目から見ても元気がないのだ。折しも深夜の友人・北斗千明(水野美紀)から、実は彼が彩子の死から立ち直れずにいて、10年経った今も2人で暮らしていた家をそのままにしていることを知った鈴は、深夜の心に思いを馳せる。鈴から事情を聴いた一星は「俺に任せろ」と、頼もしく宣言するが…。

そんな中、伴が深夜の前に出現する! 深夜が鈴に二股をかけられていると恣意的に告げ、扇動しようとする伴。ところが、深夜は「あなたの気持ち、少しだけ分かります」と言い、妻の死後に医師を目指した“本当の理由”を告白。その“あまりにも意外な理由”に、伴も思わず言葉を失い…!?

さらに“事件”はまだまだ続く。一星と親友・佐藤春(千葉雄大)が、ひとりで歩いている静空を目撃。声を掛けると、静空は「お父さんが私を捨てたの」と答え…!? しかもその矢先、両親を亡くした一星とずっと一緒に暮らしてきた祖母・カネ(五十嵐由美子)がスーパーで倒れる。偶然その場に居合わせた深夜は、あわてて一星に連絡。一星は春と静空をその場に残し、搬送先の病院へ急行するが…!?

僕のそばには君がいて
君のそばには誰かいますかー?
傷を負った全ての人に、幸せの星が降りますように。

引用:テレビ朝日『星降る夜に』公式HP

\『星降る夜に』シナリオブック 2023年3月15日発売/

\『星降る夜に』オリジナル・サウンドトラック 2023年3月22日発売/

『星降る夜に』の最新話を無料配信しているのは?

TVerで最新話の無料配信をしています。

『星降る夜に』を最新話まで全話配信しているのは?

TELASAで最新話まで全話配信しています。

『星降る夜に』第8話ロケ地

一番星ヴィレッジ(千葉県市原市)

鈴(吉高由里子)、一星(北村匠海)、深夜(ディーン・フジオカ)の3人でキャンプしていたところ。花火中に鈴は泣いてしまいました。「あの人もここにいたらよかったのかな。」

こちらのロケ地は、第7話のロケ地情報に詳しく載せています。

太田山公園(千葉県木更津市)

伴(ムロツヨシ)が娘の静空(戸簾愛)と星空を眺めていた公園。

こちらのロケ地は、第7話のロケ地情報に詳しく載せています。

スタジオカプリ 南ときわ台(東京都板橋区)

伴が住んでいる家。妻を亡くしたショックから立ち直れず、仕事も解雇され、子どもにまで当たってしまうことも。

東京都板橋区南常盤台1丁目7-14 南ときわ台ビル 401
最寄り駅:中板橋駅(東武東上線)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次