MENU
カテゴリー

『ハヤブサ消防団』第9話(最終話)ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
ハヤブサ消防団第9話(最終話)ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年9月14日(木)21時00分放送のテレビ朝日『ハヤブサ消防団』第9話(最終話)のあらすじとロケ地情報を地図を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。

「ハヤブサ消防団」の原作本はこちら

これまでのロケ地情報はこちら

目次

『ハヤブサ消防団』第9話(最終話)のあらすじ

『ハヤブサ消防団』主な出演者:中村倫也、川口春奈、満島真之介、古川雄大、岡部たかし、梶原善、橋本じゅん、山本耕史、生瀬勝久
主題歌:ちゃんみな「命日」(NO LABEL MUSIC / WARNER MUSIC JAPAN)

メインアーティスト:ちゃんみな
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

第9話(最終話)は「理想の世界」視聴率は10.6%でした

 “随明寺”住職・江西佑空(麿赤兒)が“聖母アビゲイル教団”を受け入れたことにがく然とする、ミステリ作家・三馬太郎(中村倫也)。その矢先、太郎たち消防団は近々、教団が“聖母降臨”の儀式を行う予定だと知る。彼らは発足以来、江西の亡き妹である山原展子(小林涼子)を神格化し“聖母”として崇めてきたが、その後継者として新たな聖母を擁立する計画を企てているようだった。太郎は、その“新聖母”こそ、立木彩(川口春奈)だと直感。そして、儀式は皆既日食の日に開催されるに違いないと推理する。
 ハヤブサ消防団は、儀式を阻止しようと一致団結。急きょ東京から駆けつけた中山田洋(山本耕史)はこれ以上踏み込むのは危険だと心配するが、太郎は「ハヤブサは僕らハヤブサ分団で守らなければなりません」と宣言。一同も大きくうなずく。
 そして儀式当日――。太郎は作家である自分にしかできないある方法で、彩を止め儀式を制止しようとするが、はたして太郎の言葉は彩に届くのか…!?  このままハヤブサは教団に乗っ取られてしまうのか!? ついにハヤブサに襲いかかる陰謀のすべてが明らかに…!

引用:テレビ朝日『ハヤブサ消防団』公式HP

\「ハヤブサ消防団」オリジナル・サウンドトラック 2023年9月13日(水)発売!/

『ハヤブサ消防団』第9話ロケ地

陽雲寺(群馬県富岡市)

大勢のアビゲイル信者たちが押しかけた隼地区にある光鶏山随明寺。

太郎(中村倫也)が、住職の江西佑空(麿赤兒)と聖母アビゲイルとされている山原展子(小林涼子)との血縁関係など、自分が調べた結果を住職に話します。

アビゲイルを隼に受け入れたのは、死に際に「死んだら隼に帰りたい。」と言っていた展子への償いのため。展子の遺骨は権利を主張した教団が引き取ってしまっていました。

杉森(浜田信也)が我々に協力するなら展子の遺骨を譲ると言い、それを受け入れた住職。

こちらのロケ地は、第1話のロケ地情報に詳しく載せています。

妙義スカイパーク(群馬県富岡市)

立木彩(川口春奈)が町を見下ろしていた高原。

皆既日食の日、彩が聖母降臨の儀式に訪れた光鶏山。そこで出会ったのは展子の幻影。教団の教えと、太郎の言葉で揺れ動く彩。

住職が展子の遺灰をまいたところ。

こちらのロケ地は、第1話のロケ地情報に詳しく載せています。

相野田農産物直売センター(※閉業)(群馬県富岡市)

ハヤブサ消防団の団員たちが、アビゲイルの集会の阻止に向けて意気込んで歩いていた居酒屋さんかくの前。

「ハヤブサは、僕らハヤブサ分団で守らないといけません。」

杉森が警察に連行されたところ。

こちらのロケ地は、第1話のロケ地情報に詳しく載せています。

もみじ平総合公園 北ゾーン(群馬県富岡市)

ルミナスソーラーのソーラーパネル建設予定地。ここでアビゲイルの儀式が行われると聞き、ハヤブサ消防団の賢作(生瀬勝久)、宮原(橋本じゅん)、森野(梶原善)、勘介(満島真之介)が偵察しにきました。

永野警察署長(おかやまはじめ)らも、ある宗教団体の大規模な集会が開かれると聞いて偵察に。ルミナスソーラーの真鍋(古川雄大)も現れるかもしれない。

皆既日食の日、アビゲイルの信者たちが聖母降臨の儀式を見るために集まった広場。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次