MENU
ドラマファンtokyo カテゴリー

『ハヤブサ消防団』第4話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
ハヤブサ消防団第4話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年8月10日(木)21時00分放送のテレビ朝日『ハヤブサ消防団』第4話のあらすじとロケ地情報を地図を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。

「ハヤブサ消防団」の原作本はこちら

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

これまでのロケ地情報はこちら

目次

『ハヤブサ消防団』第4話のあらすじ

『ハヤブサ消防団』主な出演者:中村倫也、川口春奈、満島真之介、古川雄大、岡部たかし、梶原善、橋本じゅん、山本耕史、生瀬勝久
主題歌:ちゃんみな「命日」(NO LABEL MUSIC / WARNER MUSIC JAPAN)

第4話は「恋の蛍」

 亡き父の法要のため“随明寺”を訪れたミステリ作家・三馬太郎(中村倫也)は、これまで放火された人々は寺への寄進額がいずれも飛びぬけて高いことに気がつく。この奇妙な共通点が示す真実とは…!?
 その矢先、編集者の中山田洋(山本耕史)から聞いた情報に、太郎はがく然とする。中山田は最近、消防団メンバーとメールのやりとりをしているせいでハヤブサ地区の情報通になっていたが、太郎が脚本を執筆した町おこしドラマ企画が町長・村岡信蔵(金田明夫)のダメ出しを受けて中止になったというのだ。
 ただひとり真実を知らされていなかった太郎は、立木彩(川口春奈)を問いただす。彩は完成した脚本を町長に見せて考え直してもらうつもりだったと訴えるが、太郎はウソをつかれたことがやるせなく、2人は険悪に…。
 そんな中、村岡がドラマのかわりに考案した町おこしイベントが開催された。ハヤブサに残る伝説にちなんでツチノコを捜索するという催しで、消防団の面々も駆り出される。太郎たちはそこで、村岡にドラマ企画の再考を直談判する彩を見かけて…!? さらに、村岡に挨拶する太陽光発電企業“ルミナスソーラー”の営業スタッフ・真鍋明光(古川雄大)の姿も目撃。ルミナスソーラーは、町の中枢にも巧みに入り込んでいるようで…!?
 やがて、太郎と彩の関係に急展開!――しかし、太郎を絶望の淵に突き落とす衝撃の事実が発覚する!

引用:テレビ朝日『ハヤブサ消防団』公式HP

\「ハヤブサ消防団」オリジナル・サウンドトラック 2023年9月13日(水)発売!/

『ハヤブサ消防団』第4話ロケ地

陽雲寺(群馬県富岡市)

太郎(中村倫也)が父の七回忌のために訪れた光鶏山随明寺。勘介(満島真之介)も一緒についてきました。

寺に貼り出された寄進額を見て、火事にあった人たちがみな金額が大きいことに気づく二人。

こちらのロケ地は、第1話のロケ地情報に詳しく載せています。

テレビ朝日EXタワー(東京都港区)

中山田洋(山本耕史)が、太郎と電話していた草英社文芸編集部のオフィス。

中山田から、町おこしドラマが村岡町長(金田明夫)からのダメ出しがあり中止になったことを聞いて驚く太郎。

こちらのロケ地は、第1話のロケ地情報に詳しく載せています。

成木川 河川敷(東京都青梅市)

村岡町長アイデアの八百万町おこしイベント「ツチノコアドベンチャー」が行われた八百万川河川敷。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次