MENU
カテゴリー

『ハヤブサ消防団』第8話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
ハヤブサ消防団第8話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年9月7日(木)21時00分放送のテレビ朝日『ハヤブサ消防団』第8話のあらすじとロケ地情報を地図を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。

「ハヤブサ消防団」の原作本はこちら

これまでのロケ地情報はこちら

目次

『ハヤブサ消防団』第8話のあらすじ

『ハヤブサ消防団』主な出演者:中村倫也、川口春奈、満島真之介、古川雄大、岡部たかし、梶原善、橋本じゅん、山本耕史、生瀬勝久
主題歌:ちゃんみな「命日」(NO LABEL MUSIC / WARNER MUSIC JAPAN)

メインアーティスト:ちゃんみな
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

第8話は「聖母の帰還」視聴率は10.1%でした

東京から戻り、多くの人でにぎわうハヤブサ地区に驚いたミステリ作家・三馬太郎(中村倫也)は混乱しながらも、映像ディレクター・立木彩(川口春奈)の家へと急ぐ。ところが、太郎の前に現れたのは、“アビゲイル騎士団”の後継団体、“聖母アビゲイル教団”の弁護士・杉森登(浜田信也)と太陽光発電企業“ルミナスソーラー”の営業員・真鍋明光(古川雄大)だった。杉森は、彩は自分たちの仲間であり、もう太郎には会わないと宣言。当の彩も一瞬だけ姿を見せるが、太郎から目をそらしてすぐに扉の向こうに消えてしまう。
ハヤブサ地区に集まっているのは、単なる観光客ではなく、聖母アビゲイル教団の信者たちであることは明白だった。すでにハヤブサ地区の空き家に多数の信者が入居をはじめており、その浸食の速さに消防団のメンバーは驚愕。このままではハヤブサが教団に乗っ取られてしまう…。危機感を募らせた消防団は、八百万町の町長・村岡信蔵(金田明夫)に働きかけるが…!? そして、太郎は教団がなぜハヤブサという土地を選んだのかが腑に落ちないでいて…。
そんな中、太郎の家に突然、ハヤブサ地区に住む白髪の女性・映子(村岡希美)が現れ…。その後、映子を追うかのように彩が太郎に会いにやって来る。久々に対面した彩に、太郎は「ぜんぶ嘘だったんですか」と問いかけるが、彩の返答は…!?

引用:テレビ朝日『ハヤブサ消防団』公式HP

\「ハヤブサ消防団」オリジナル・サウンドトラック 2023年9月13日(水)発売!/

『ハヤブサ消防団』第8話ロケ地

青梅市のアパート(東京都青梅市)

太郎(中村倫也)が駆けつけてきた立木彩(川口春奈)が住むアパート。

ドアを叩いても呼びかけに応じなくて太郎が焦っていたところ、声をかけてきたのは先日太郎のサイン会に来たアビゲイル騎士団の顧問弁護士・杉森(浜田信也)でした。自分は彩の仲間だと杉森が言うと、彩とルミナスソーラーの真鍋(古川雄大)が現れました。

彩は太郎とは目も合わさず、急ぎ足で部屋へ入っていき、杉森は「我々は聖母アビゲイル教団。すべてお答えする義務はありません。」と太郎にきっぱり言いました。

こちらのロケ地は、第2話のロケ地情報に詳しく載せています。

上州福島駅西側の踏切(群馬県甘楽郡)

彩が聖母アビゲイル教団の人間だと知った後、太郎が渡っていた踏切。大勢の教団関係者が行き交います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次