MENU
カテゴリー

『ハヤブサ消防団』第5話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
ハヤブサ消防団第5話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年8月17日(木)21時00分放送のテレビ朝日『ハヤブサ消防団』第5話のあらすじとロケ地情報を地図を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。

「ハヤブサ消防団」の原作本はこちら

\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

これまでのロケ地情報はこちら

目次

『ハヤブサ消防団』第5話のあらすじ

『ハヤブサ消防団』主な出演者:中村倫也、川口春奈、満島真之介、古川雄大、岡部たかし、梶原善、橋本じゅん、山本耕史、生瀬勝久
主題歌:ちゃんみな「命日」(NO LABEL MUSIC / WARNER MUSIC JAPAN)

第5話は「ある女の運命」視聴率は8.8%でした

 映像ディレクター・立木彩(川口春奈)と一夜を過ごした直後、編集者・中山田洋(山本耕史)からの連絡で、彼女が新興宗教の元信者だと知らされたミステリ作家・三馬太郎(中村倫也)は、衝撃を受ける。というのも、彩が入信していた“アビゲイル騎士団”は数年前、教祖と幹部3名が信者12名を拷問の末に殺害するという凄惨な事件を起こし、世間を震撼させた教団だったのだ。教祖と幹部は逮捕されたものの何も語らず、動機もうやむやなまま死刑が確定。教団は自主的に解散したが、一部の元信者はいまでも教義を信じているというウワサもある…。彩はその教団の広報として、PRビデオを制作していたらしい。
 太郎が戸惑いを消化しきれない中、町おこしドラマの撮影がスタートする。監督を務める彩のもと、消防団メンバーもエキストラとして参加。太郎も現場の手伝いに加わるが、気まずくて彩と目を合わせることができない。太郎のぎこちない態度が彼女にも伝わり、彩から「私たちってどういう関係ですか」と聞かれた太郎はすぐに返答することができず…。そして、そんな町おこしドラマの撮影現場を、真鍋明光(古川雄大)が冷たい目で眺めていて…。
 まもなく、太郎を心配した中山田が東京からハヤブサに駆けつけてきた。中山田は彩が連続放火に関わっているのではないかと、思いもよらぬ疑惑を口にするが…。

引用:テレビ朝日『ハヤブサ消防団』公式HP

\「ハヤブサ消防団」オリジナル・サウンドトラック 2023年9月13日(水)発売!/

『ハヤブサ消防団』第5話ロケ地

テレビ朝日EXタワー(東京都港区)

立木彩(川口春奈)が東京アーツムービーの入社面接を受けていた会議室。

彩がアビゲイル騎士団の顧問弁護士・杉森(浜田信也)と一緒に、東京アーツムービーの浅野社長兼監督(久保田悠来)と弁護士との話し合いをした会議室。未払いの給与とボーナスを巡って訴訟を起こすことを伝えます。話し合いで妥協点を見つけたいが、納得いただけない場合はアビゲイルの方に報告をすると脅し、支払わせることに成功しました。

こちらのロケ地は、第1話のロケ地情報に詳しく載せています。

POPOCATEポポカテ(東京都品川区)

彩が東京アーツムービーに入社後、働いていた撮影現場のプリン専門店。出演者のマイクをまだつけていなくて怒られる彩。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次