MENU
ドラマファンtokyo カテゴリー

『この素晴らしき世界』第8話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
この素晴らしき世界第8話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年9月7日(木)22時00分放送のフジテレビ『この素晴らしき世界』第8話のあらすじとロケ地情報を地図を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。

これまでのロケ地情報はこちら

目次

『この素晴らしき世界』第8話のあらすじ

『この素晴らしき世界』の主な出演者:若村麻由美、木村佳乃、マキタスポーツ、平祐奈、中川大輔、永瀬莉子、円井わん、時任勇気、谷田部俊、猫背椿、佐戸井けん太、西村まさ彦、沢村一樹
主題歌:小田和正「what’s your message?」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

第8話は「主婦絶望からの復活!敵と直接対決」視聴率は3.5%でした

浜岡妙子(若村麻由美)は陽一(マキタスポーツ)と口論になり、家を飛び出した。行くあてのない妙子が『プロダクション曼珠沙華』に向かうと、事務所では莉湖(木村佳乃)が会社を畳む場合の資金整理の計算をしていた。莉湖は沖野島(吉田宗洋)の問題に取り組む決意を固めたのだ。すると、妙子のスマホに育田(平祐奈)から沖野島のカバンを盗んだと連絡が入り、怪しい薬が入ったカバンをセシル(円井わん)に預けたとのことだった。  

そんな中、事務所に安原(西村まさ彦)がやって来て、海外の投資家たちに新会社の説明をして来たと莉湖に告げる。安原は曼珠沙華の社員、タレントを移籍させる会社を設立したと言う。すでに國東(堺正章)の了解も得ており、さらに新会社のメンバーとしてある人物を招き入れる。

安原に会社から追い出された莉湖は妙子に一連のことを謝り「これで終わりにしよう」と言うのだが、妙子は納得できない。翌朝、妙子は夏雄(沢村一樹)に会う。若菜絹代(若村・二役)が家に帰っていることを告げる夏雄に、妙子は莉湖が沖野島の件をあきらめたことを話す。

夏雄も、自分には誰かの人生に口出し出来るような資格はないと言うが、やはり妙子は納得する事ができない。妙子はある決意をして家族会議に臨み、家族との話を終えた妙子は莉湖に電話してある提案をする…。

引用:フジテレビ『この素晴らしき世界』公式HP

\ドラマでは描かれなかったエピソードが満載! 小説「この素晴らしき世界」発売中!/

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

『この素晴らしき世界』第8話ロケ地

プラネアールオフィス台場スタジオ(東京都江東区)

2ヵ月前、安原副社長(西村まさ彦)と桐山専務(菅原大吉)が沖野島のことを話していたプロダクション曼珠沙華のオフィス。

妙子(若村麻由美)が莉湖(木村佳乃)に、育田(平祐奈)が沖野島の変な薬が入ったバッグを盗んできたと電話がきたことを伝えたオフィス。

その直後、安原副社長が来て、新会社「株式会社やすはら」を立ち上げたことを報告しました。そして育田が預けた沖之島のバッグを持ったセシル(円井わん)が登場。彼女は安原副社長側の人間でした。

こちらのロケ地は、第2話のロケ地情報に詳しく載せています。

夢の大橋(東京都江東区)

安原副社長にノックアウトされた莉湖と妙子が歩いていた歩道橋。

「もうこれでおしまいにしましょう。さようなら、元気でね。」そう言って莉湖は妙子を抱きしめました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次