MENU
ドラマファンtokyo カテゴリー

『この素晴らしき世界』第6話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
この素晴らしき世界第6話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年8月24日(木)22時00分放送のフジテレビ『この素晴らしき世界』第6話のあらすじとロケ地情報を地図を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。

これまでのロケ地情報はこちら

目次

『この素晴らしき世界』第6話のあらすじ

『この素晴らしき世界』の主な出演者:若村麻由美、木村佳乃、マキタスポーツ、平祐奈、中川大輔、永瀬莉子、円井わん、時任勇気、谷田部俊、猫背椿、佐戸井けん太、西村まさ彦、沢村一樹
主題歌:小田和正「what’s your message?」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

第6話は「主婦発見5歳の信男置き去りの秘密」視聴率は3.7%でした

浜岡妙子は比嘉莉湖(木村佳乃)から、娘の亜美(尾碕真花)が孫の信男(須山結斗)を自分のもとに置いて行った理由を聞かされる。それは、亜美の元夫・貴一郎(松村遼)が入院したからで、重い病状なのに身寄りがない彼のために亜美は病院に付き添っているとのことだった。妙子は莉湖も病院へ行かなくていいのか尋ねるが、莉湖は亜美が嫌がるという。

そんな莉湖が抱える問題のもう一つは、櫻井佳音(葉月ひとみ)の自殺未遂をきっかけにした訴訟問題。佳音側には有能な弁護士・浅野俊徳(佐戸井けん太)がついており、自殺未遂の原因にもなったセクハラの相手ではなく莉湖の事務所を訴えた方が得策だと考えられていたのだ。妙子は莉湖を慰めるも、理不尽な出来事に納得できないでいた。

ある日、妙子の息子・あきら(中川大輔)は蒼井蛍(永瀬莉子)と一緒に木村久之(二條正士)に会っていた。木村は蛍が作ったマッチングアプリの登録者の個人情報にアクセスしてタレントを志望する傾向にある人に芸能事務所を紹介する事業を考えており、その仕事の一部をあきらにやって欲しいと頼む。あきらは違法性を心配するが、蛍に大丈夫だと言われてタレント志望の男性と会うことに。しかし、あきらが男性に出した名刺には「プロダクション曼珠沙華」と書かれていて…。

引用:フジテレビ『この素晴らしき世界』公式HP

\ドラマでは描かれなかったエピソードが満載! 小説「この素晴らしき世界」2023年8月26日発売/

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

『この素晴らしき世界』第6話ロケ地

プラネアールオフィス台場スタジオ(東京都江東区)

桐山専務(菅原大吉)、小石川(三浦圭祐)、西條(時任勇気)が、今後の会社のことについて話していたプロダクション曼珠沙華のオフィス。

こちらのロケ地は、第2話のロケ地情報に詳しく載せています。

株式会社スヴェンソンホールディングス本社(東京都港区)

蛍(永瀬莉子)が社長の「ツナゲール」のオフィス。

蛍のマッチングアプリ登録者の個人情報にアクセスして、タレントになりたい傾向のある太っちょ男性に声をかけ、芸能事務所に紹介するというスカウトの仕事をあきら(中川大輔)にやって欲しいと説明する蛍ら。

こちらのロケ地は、第4話のロケ地情報に詳しく載せています。

環二通り 西新橋中央路側帯(東京都港区)

あきらと蛍が歩いていた歩道。

あきらは見た目も誠実だからスカウトの仕事に向いていると言う蛍。自分のやっている仕事が本当に大丈夫かどうか疑うあきらに、蛍は手を恋人繋ぎをして「私はとにかく、あきらと一緒に何かをしたい。」と訴えます。

こちらのロケ地は、第3話のロケ地情報に詳しく載せています。

ECO FARM CAFE 632(東京都渋谷区)

あきらがツナゲールのスカウトマンとして、プロダクション曼珠沙華のマネージャー・佐藤としおという偽名を使って、タレント志望の太っちょ男性・五十嵐(吉田英成)をスカウトしていたカフェ。

東京都渋谷区神宮前6丁目32-10 ピアザアネックス 1F
最寄り駅:明治神宮前〈原宿〉駅(東京メトロ千代田線/東京メトロ副都心線)

関連ランキング:カフェ | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

プラネアールみずほ台井上病院スタジオ(埼玉県富士見市)

比嘉莉湖(木村佳乃)の娘・亜美(尾碕真花)が、莉湖に電話をかけていた病院の廊下。亜美の元夫・貴一郎(松村遼)が入院している病院。

埼玉県富士見市針ケ谷1丁目11-6
最寄り駅:みずほ台駅(東武東上線)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次