MENU
カテゴリー

「Destiny」第6話ロケ地まとめ(episode.6 location)

当ページのリンクには広告が含まれています。
Destiny第6話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2024年5月14日(火)放送のテレビ朝日「Destiny(デスティニー)」第6話のあらすじとロケ地、店舗情報を、地図や写真を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。「Destiny」の聖地巡礼(ロケ地巡り)のご参考にどうぞ!

これまでのロケ地情報はこちら

目次

「Destiny」第6話のあらすじ

「Destiny」の主な出演者:石原さとみ、亀梨和也、安藤政信、宮澤エマ、矢本悠馬、曽田陵介、田中みな実、高畑淳子、佐々木蔵之介、仲村トオル
脚本:吉田紀子(代表作:「Dr.コトー診療所」など)
音楽:得田真裕(代表作:「星降る夜に」など)
主題歌:椎名林檎「人間として」(EMI Records/UNIVERSAL MUSIC)

第6話は「検事vs元恋人…この愛を裁けますか?」視聴率は7.6%でした※関東地区・世帯視聴率

野木真樹(亀梨和也)の実家が放火され、弁護士の父・野木浩一郎(仲村トオル)は意識不明の重体。あろうことか、その日実家を訪れていた真樹が、犯行を自白し、放火事件の被疑者として警察で取り調べを受けていた。

ニュースで真樹の逮捕を知った横浜地検中央支部の検事・西村奏(石原さとみ)は、驚きのあまり言葉を失う。さらに、支部長・大畑節子(高畑淳子)から、衝撃の発言が…。

そして、大学時代に愛し合った奏と真樹が、12年の時を経て、検事と放火事件の被疑者として対峙することになる。

なぜ真樹は犯行に及んだのか、あの日、真樹と父・浩一郎、2人の間に何が起こったのかー。

いくつもの謎が浮上する中、12年の時を経て、初恋の2人は取調室で向き合うことに。

“あなたはこの愛を裁けますかー”

引用:テレビ朝日「Destiny」公式HP

「Destiny」第6話ロケ地

Re:PLACE KOISHIKAWA(東京都文京区)

火災があった真樹(亀梨和也)の実家の野木家。

奏(石原さとみ)が規制線をくぐった野木家の火災現場。

こちらのロケ地は、第4話のロケ地情報に詳しく載せています

六角坂(東京都文京区)

真樹が燃え盛る実家を見ていた坂。

警察官が真樹に声をかけると、「俺が燃やしました」と自白。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次