MENU
カテゴリー

「Destiny」第5話ロケ地まとめ(episode.5 location)

当ページのリンクには広告が含まれています。
Destiny第5話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2024年5月7日(火)放送のテレビ朝日「Destiny(デスティニー)」第5話のあらすじとロケ地、店舗情報を、地図や写真を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。「Destiny」の聖地巡礼(ロケ地巡り)のご参考にどうぞ!

これまでのロケ地情報はこちら

目次

「Destiny」第5話のあらすじ

「Destiny」の主な出演者:石原さとみ、亀梨和也、安藤政信、宮澤エマ、矢本悠馬、曽田陵介、田中みな実、高畑淳子、佐々木蔵之介、仲村トオル
脚本:吉田紀子(代表作:「Dr.コトー診療所」など)
音楽:得田真裕(代表作:「星降る夜に」など)
主題歌:椎名林檎「人間として」(EMI Records/UNIVERSAL MUSIC)

第5話は「第一部完!父を殺した犯人と対決」視聴率は7.2%でした※関東地区・世帯視聴率

「横浜地検」中央支部の検事西村奏(石原さとみ)は、再会した大学時代の恋人野木真樹(亀梨和也)に約束した通り、「東京地検」特捜部の主任検事だった父辻英介(佐々木蔵之介)と、真樹の父で弁護士の野木浩一郎(仲村トオル)が関わっていた、20年前の「環境エネルギー汚職事件」を調べ続けていた。しかし、当時の関係者は一様に口が重く、早々に行き詰まってしまう。そこに支部長の大畑節子(高畑淳子)から特捜部時代の英介の部下新里龍一(杉本哲太)を紹介される。

奏と待ち合わせた新里は「環エネ」事件の後、検事を辞めていた。「何も話せることはない」と言う新里だったが、たったひとつだけ奏に進言する。「辻さんは死をもって真実を封じ込めた」とーー。

新里の言葉を反すうし、思い立った奏は長野の実家へ。突然の帰郷に驚く母西村悠子(石田ひかり)を横目に、再び英介の遺品を探り始める。すると断片的に、中学時代に見た書斎にこもる父の姿を思い出し、ついに重要な遺品を発見。英介が死に至るきっかけとなった「環境エネルギー汚職事件」に隠されていた衝撃の真実を知ることに…。

横浜に戻った奏は真樹を自宅に呼び出し、「真実にたどり着いた」ことを告げる。その遺品が示す想像を絶するほど過酷な事実を目の当たりにし、言葉を失った真樹は、ぼうぜんとしながら立ち上がり…⁉

はたして、奏と真樹を翻弄し続ける残酷な運命の行方はーー。

引用:テレビ朝日「Destiny」公式HP

「Destiny」第5話ロケ地

シェラトン都ホテル東京(東京都港区)

奏(石原さとみ)が、上司の大畑支部長(高畑淳子)からの紹介で新里龍一(杉本哲太)と会ったラウンジ。自分たちのことを張っている男の存在に気付いた新里が「場所を変えましょう」と言って奏を連れて外に出ます。

こちらのロケ地は、第4話のロケ地情報に詳しく載せています

ロハスカフェARIAKE(東京都江東区)

祐希(矢本悠馬)が、真樹(亀梨和也)の父・野木浩一郎(仲村トオル)と話をしたカフェ。

なぜ真樹が帰ってきたのか、奏の父・辻英介のことについては何か言ってなかったかと祐希に探りを入れる浩一郎。

東京都江東区有明3丁目3-3
最寄り駅:東京ビッグサイト駅(ゆりかもめ)

関連ランキング:カフェ | 東京ビッグサイト駅国際展示場駅お台場海浜公園駅

赤レンガパーク(神奈川県横浜市)

奏が新里に、歩きながら父の事件について話を聞いていた公園。

環境エネルギー汚職事件の後、検事と言う仕事の意義が分からなくなった新里は検事を辞めました。当時のことを記録したノートがあったが、検事を辞める際にすべて燃やしたと話す新里。そして、英介は死をもって真実を封じ込めたとも言いました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次