MENU
カテゴリー

『CODEー願いの代償ー』第10話(最終話)ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
CODEー願いの代償ー第10話(最終話)ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年9月3日(日)22時30分放送の日本テレビ『CODEー願いの代償ー』第10話(最終話)のあらすじとロケ地情報を地図を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。

これまでのロケ地情報はこちら

目次

『CODEー願いの代償ー』第10話(最終話)のあらすじ

『CODE』の主な出演者:坂口健太郎、染谷将太、松下奈緒、堀田真由、三浦貴大、兵頭功海、青柳翔、臼田あさ美、鈴木浩介、玉山鉄二
主題歌:UVERworld「VICTOSPIN」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

\主題歌「VICTOSPIN」を含むUVERworldのNewアルバム発売中!/

UVERworld(ソニー・ミュージックレーベルズ)
\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

第10話(最終話)は「予測不能な結末…!全ての謎が暴かれる!」視聴率は5.2%でした

「CODE」から、任務を完了させれば、息子・芯(木村優来)が助かるだけではなく、【死の制裁】も無効になると連絡を受けた円(松下奈緒)。その任務とは、制限時間内に爆弾が入ったアタッシェケースを、咲(堀田真由)に“プレゼント”することだった!

「私のことはいいから…芯くん助けてよ!」と咲は叫ぶが、円は、縛られている咲のひもを解こうとする。爆発時間が迫る中、なんとかひもを解き終える円だったが……。

一方、スマホに送られてきた映像で、円や咲の様子を確認していた二宮(坂口健太郎)と椎名(染谷将太)。だが、爆風と共に、中継が途切れてしまい……!?

そんな中、市川(玉山鉄二)は、神奈川県知事の青柳(新納慎也)と共に会見を開いていた。青柳は、多くの犯罪を誘発する『CODE』への対抗策として、社会にとって有害な対象を見つけ出し、速やかに排除するシステム『プロフェット』の実用化が決定したと発表。

そして、市川の策略により、二宮に青柳襲撃の容疑がかかってしまい――!?

引用:日本テレビ『CODEー願いの代償ー』公式HP

『CODEー願いの代償ー』第10話(最終話)ロケ地

若林ビル(神奈川県横浜市)

咲(堀田真由)が、爆弾入りのアタッシュケースを間一髪で放り投げて爆発した、閉館した「エントランスシネマ・F」の外観。

こちらのロケ地は、第9話のロケ地情報に詳しく載せています。

フェスティバルウォーク蘇我(千葉県千葉市)

二宮(坂口健太郎)と椎名(染谷将太)が、囚われていた咲がひもをほどき、アタッシュケースを持って走っていった様子をスマホで見ていた屋上駐車場。

爆発と同時に映像が映らなくなり、心配する二人。そこへ八重樫(兵頭功海)から、三輪円(松下奈緒)の息子・芯(木村優来)が誘拐されたという電話報告を受けている最中に見つかったという連絡が。

椎名が一人、車のなかで市川省吾(玉山鉄二)の講演会『未来の子供たちへ』の告知ページをスマホで見ていた立体駐車場。助手席にはアタッシュケースが。

こちらのロケ地は、第9話のロケ地情報に詳しく載せています。

海老名総合病院 東館(神奈川県海老名市)

誘拐され、無事に戻ってきた芯が入院している横浜南総合病院。二宮と椎名が駆け付け、その後、爆発に巻き込まれた三輪円と咲が搬送されてきます。

フェイク動画により、青柳県知事(新納慎也)襲撃の犯人に拳銃を渡したとされる二宮を追って警察車両が集結した病院の玄関。八重樫が二宮を逃がしましたが、二宮は殺人未遂ほう助の容疑で指名手配されてしまいました。

こちらのロケ地は、第4話のロケ地情報に詳しく載せています。

宿河原陸橋の階段(神奈川県川崎市)

二宮が青柳県知事と待ち合わせしたキサラギ陸橋。

車から降りて階段をのぼっている最中にCODEプレイヤーに挟み撃ちにされ、襲撃された二宮。何とかプレイヤーを制圧し、車で逃走しました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次