MENU
ドラマファンtokyo カテゴリー

『CODEー願いの代償ー』第4話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
CODE第4話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年7月23日(日)22時30分放送の日本テレビ『CODEー願いの代償ー』第4話のあらすじとロケ地情報を地図を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。

\坂口健太郎 表紙&特集 完全独占! 撮り下ろしポートレイト&インタビュー!/ 

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

これまでのロケ地情報はこちら

目次

『CODEー願いの代償ー』第4話のあらすじ

『CODE』の主な出演者:坂口健太郎、染谷将太、松下奈緒、堀田真由、三浦貴大、兵頭功海、青柳翔、臼田あさ美、鈴木浩介、玉山鉄二
主題歌:UVERworld「VICTOSPIN」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

第4話は「本当の裏切者は誰…?監視する女の正体発覚!」。視聴率は5.9%でした。

「二度とCODEは使うな」。刑事・二宮湊人に忠告した佐々木慎介(渋谷謙人)が、遺体で発見された。死因は覚醒剤の過剰摂取。二宮の恋人・七海悠香(臼田あさ美)が亡くなった事故への関与が疑われる寺島貴司(中島健)と同じ死因で、二宮は確実に佐々木は殺されたのだと考えていた。

婚約者に続き、友人の佐々木まで…立て続けに身近な人間を亡くした二宮を、フリー記者・椎名一樹(染谷将太)は自らがCODEを調査するアジトへ連れて行く。

椎名のアジトには、CODEに関連のある人物たち――工藤泉、仲川悟(宮世琉弥)、寺島、佐々木の写真とともに悠香の写真が…。椎名によると、工藤泉は、悠香が最後に調べていた事件の被害者で、CODEプレイヤーだったという。ハッカーの三宅咲(堀田真由)も交えた作戦会議が進む中、佐々木が逃げる前に口にした「管理側」という言葉に引っかかる椎名たち。佐々木を追っていた腕にミサンガをしていた女(松下奈緒)が関係しているのではないかと調べを進めると、驚きの事実が明らかになる。

そんな中、二宮は、ついにCODEを使用する警察関係者を知ることになる。さらに、真実に近づく二宮の身に危険が迫っていて…。

引用:日本テレビ『CODEー願いの代償ー』公式HP

『CODEー願いの代償ー』第4話ロケ地

旧青梅厚生病院(東京都青梅市)

椎名(染谷将太)が二宮(坂口健太郎)と佐々木慎介(渋谷謙人)を会わせたところ。

「もう二度とCODEを使うな。」と二宮に忠告する佐々木。そのすぐ後に、CODEの任務で佐々木を殺すよう命じられた男たちが佐々木を狙って発砲します。

二宮が男の一人を捕まえて話を聞こうとしたその時、三輪円(松下奈緒)が現れて男を逃がします。

こちらのロケ地は、第3話のロケ地情報に詳しく載せています。

座間市役所(神奈川県座間市)

二宮が、三輪の乗った車のナンバーの照会を依頼した警察署。

「佐々木さんはすでにCODEに制裁を受けた可能性がある。」と話す椎名に、「まだ生きてるかもしれないだろ。」と熱く返答する二宮。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次