MENU
カテゴリー

『18/40~ふたりなら夢も恋も~』第8話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
18/40~ふたりなら夢も恋も~第8話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年8月29日(火)22時00分放送のTBS火曜ドラマ『18/40(エイティーン/フォーティー)~ふたりなら夢も恋も~』第8話のあらすじとロケ地情報を地図を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。

これまでのロケ地情報はこちら

目次

『18/40~ふたりなら夢も恋も~』第8話のあらすじ

『18/40~ふたりなら夢も恋も~』主な出演者:福原遥、深田恭子、鈴鹿央士、上杉柊平、出口夏希、長澤樹、八木勇征(FANTASTICS)、嵐莉菜、佐野ひなこ、坂口涼太郎、葵揚、菊池日菜子、浦井のりひろ(男性ブランコ)、シルビア・グラブ、美村里江、松本若菜、高嶋政宏、片平なぎさ、安田顕
主題歌:Ado「向日葵」(ユニバーサル ミュージック)

メインアーティスト:Ado
\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

第8話は「“ふたつ”の別れ―交錯する想いと、友情の行方」視聴率は5.9%でした

祐馬(鈴鹿央士)から告白された有栖(福原遥)は、その気持ちに泣きそうになるのを堪えながらも断ることを選んだ。一方で、加瀬(上杉柊平)と付き合うことを決めた瞳子(深田恭子)は、加瀬とのデートに浮かれ気分だったが、祝福してくれたときの有栖の目が腫れていることに気づき、有栖と祐馬の間に起こったことを知るのだった。

ある日、瞳子は有栖にキュレーターのコンペに参加しないかと話を持ちかける。その話の流れで、瞳子へ康介(八木勇征)との思い出話を話した有栖は、瞳子に背中を押されたこともあり、康介と面と向かって話をしようと決意。そして、康介に会い自分の気持ちを話し始め…。

同じ頃、市郎(安田顕)のもとには康介の父・和彦(丸山智己)が訪ねてきて…。

さらに、親友の世奈(出口夏希)と喧嘩別れしたままになっていた有栖だったが、留依(長澤樹)が間に入り、お互いに素直な思いを打ち明けることに。

一方、瞳子は加瀬とのデートを楽しんでいたが、別れ際に兄から着信を受け、貴美子(片平なぎさ)が病気であると告げられる。突然のことに、平静を保てない瞳子だったが、有栖や加瀬に支えられながら、ひとり金沢へと帰郷するのだった。

そして、有栖が康介と向き合って、選んだ道とは―!?

引用:TBS火曜ドラマ『18/40~ふたりなら夢も恋も~』公式HP

\有栖役:福原遥の等身大の魅力を詰め込んだフォトブック発売中!/

『18/40~ふたりなら夢も恋も~』第8話ロケ地

CAMPiece君津(千葉県君津市)

有栖(福原遥)が通っていた埼玉県立川越北高校の教室、美術室。

入学式の日、後ろの席の世奈(出口夏希)が有栖に声をかけます。さらに世奈の後ろの席の留依(長澤樹)にも声をかけ、3人は仲良くなっていきます。

千葉県君津市坂畑223-1
最寄り駅:上総亀山駅(JR久留里線)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次