MENU
カテゴリー

『警視庁アウトサイダー』第4話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
警視庁アウトサイダー第4話ロケ地まとめタイトル

2023年1月26日(木)放送のテレビ朝日『警視庁アウトサイダー』第4話のあらすじとロケ地情報をお伝えしていきます。

これまでのロケ地情報はこちら

目次

『警視庁アウトサイダー』第4話のあらすじ

第4話は「衝撃展開!裏切り者、判明」。視聴率は9.9%でした。

警視庁生活安全部の参事官・黒石元警視正(井上肇)が自宅アパートで自殺した。黒石は組織犯罪対策部の部長候補と目されていたが、数カ月前、若い女性との不倫が週刊誌に報じられて依願退職したばかりだった。
 知らせを聞いた桜町中央署刑事・架川英児(西島秀俊)は、がく然! 黒石は架川にとって何かと目にかけてくれた“恩人”だったのだ。まもなく、黒石が死の直前、架川に手紙を遺していたことが判明。「あれは罠だ。私ははめられた。君も気をつけろ」というメッセージを読んだ架川は、蓮見光輔(濱田岳)、鑑識の仁科素子(優香)を巻き込んで誰が黒石を罠にはめたのか真相を探りはじめる。また、水木直央(上白石萌歌)には黒石のスキャンダル相手・森沢未央(喜多乃愛)に接触するよう依頼して…!?

 やがて背後に暴力団“鷲見組”がからんでいることに気づいた架川と光輔は、真実を求めてウラ社会の大物のもとに乗り込む。その相手とは、鷲見組の敵対組織“一途会”の最高顧問・手嶌春(浅野ゆう子)。彼女は、情報提供の見返りにとんでもない要求を突きつけるが…!?  そして、春が示した糸口から、アウトサイダートリオを揺るがす衝撃の新事実が浮かび上がることに…!?

 そんな中、光輔の素性を怪しんでいた警視庁人事一課・羽村琢己(福士誠治)は“なりすまし”の証拠を入手すべく、さらなる暗躍を開始して…。

引用:テレビ朝日『警視庁アウトサイダー』公式HP

原作本はこちら

\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

『警視庁アウトサイダー』の最新話の無料配信は?

TVerで最新話の無料配信をしています。

『警視庁アウトサイダー』を全話配信しているのは?

TELASAでは1話から最新話まで配信しています。スピンオフドラマも独占配信!

『警視庁アウトサイダー』第4話ロケ地

桜町中央署、蓮見の住む寮「桜花荘」、水木家などのロケ地は、第1話のロケ地情報にまとめています。

高商スタジオ・小竹向原スタジオ(東京都練馬区)

元警視正・黒石俊範(井上肇)が住んでいたアパート。架川(西島秀俊)にとって黒石は何かと目をかけてくれた“恩人”。自殺したとの連絡を受け、架川が現場に向かいました。アパートの前で、黒石の元妻(舟木幸)から、黒石から預かっていた架川宛の封筒を受け取ります。

事件性を疑った架川が仁科(優香)に再鑑定を依頼。現場の鑑定の結果、発見時の見解と同じと言われてしまいます。

黒石の部屋は、高商スタジオ所有の小竹向原スタジオの106号室です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次