『ラストマン 全盲の捜査官』第1話ロケ地まとめ

ラストマン全盲の捜査官第1話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年4月23日(日)に放送を開始したTBS日曜劇場『ラストマン 全盲の捜査官』第1話のあらすじとロケ地情報を地図を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。

目次

『ラストマン 全盲の捜査官』とはどんなドラマ?

全盲の人たらしFBI捜査官と犯人逮捕のためには手段を選ばない孤高の刑事が凸凹バディを組んで難事件に挑んでいく!

そして、その先には誰も予想できない運命が待ち受けていたーー

ミステリアスなストーリーが交錯する新時代の痛快バディドラマがいま、開幕!

引用:TBS日曜劇場『ラストマン 全盲の捜査官』公式HP
放送日時2023年4月23日から毎週日曜日夜9時~
放送局TBS系列
脚本黒岩勉(代表作:『TOKYO MER~走る緊急救命室~』シリーズ、『マイファミリー』など)
プロデュース益田千愛(代表作:『アトムの童(こ)』など)、元井桃(代表作:『最愛のひと~The other side of 日本沈没~(※演出)』など)
音楽木村秀彬(代表作:『ドラゴン桜』など)、mouse on the keys(代表作:『詐欺の子』など)
挿入歌神はサイコロを振らない「修羅の巷」(Universal Music/Virgin Music)
主な出演者福山雅治、大泉洋、永瀬廉(King & Prince)、今田美桜、松尾諭、今井朋彦、奥智哉、王林、寺尾聰、吉田羊、上川隆也

『ラストマン 全盲の捜査官』第1話のあらすじ

第1話は「新時代のヒーロー」。視聴率は14.7%でした。

全盲のFBI(米連邦捜査局)捜査官・皆実広見(福山雅治)は、どんな難事件も必ず最後に解決させることから“ラストマン”と呼ばれていた。日本の警察庁とFBIの連携強化を目的に、期間限定で日本にやって来た。そして、皆実のアテンドを命じられたのが、警察庁人材交流企画室の室長・護道心太朗(大泉洋)。誰よりも悪を憎み、犯人検挙のためには手段をいとわない刑事である。

2人の出会いは最悪だった。警察庁次長で心太朗の兄が待つ皆実の歓迎式典会場まで、皆実をアテンドするのが心太朗の最初の任務。だが、その皆実が機内で暴行して、連行されていることを知らされる。心太朗が急いで皆実を迎えに行った先は蕎麦店だった。焦る心太朗をよそに、心を見透かしているかのような余裕を見せる皆実。挙げ句の果てに、式典では「世間を賑わせている無差別連続爆破事件の犯人を逮捕してみせる」と勝手に宣言する。こうして、心太朗は皆実の身勝手な捜査に巻き込まれていくことに。

その事件は、捜査一課の佐久良円花(吉田羊)率いる佐久良班も追っかけていた事件で、心太朗は捜査一課からも批判の的になる。加えて、皆実は捜査一課の見立てを真っ向から批判し、さらなる軋轢を生む。そんな中、新たな爆発事件がー!皆実は心太朗と共に臨場し捜査に向かう。そこで、浮かび上がる事件の真実とはー!?

無敵な凸凹コンビが難事件に挑むだけではなく、その先には誰もが予想できない数奇な運命が待ち受けていたー。新時代の痛快バディドラマがいま、開幕!

引用:TBS日曜劇場『ラストマン 全盲の捜査官』公式HP

『ラストマン 全盲の捜査官』第1話ロケ地

双葉滑空場(山梨県甲斐市)

暴行事件が発生したワシントンダレス国際空港発羽田行きブライト航空305便が緊急着陸した茨城関東国際空港。乗客2名がトラブルになり、1名が負傷。

酔っ払った乗客がCAを殴ったため、全盲の皆実広見(福山雅治)が汗と息の臭いで男が覚せい剤も使用していると判断し、危険なため男の頸動脈を押さえ、一時的に無力化しました。

山梨県甲斐市宇津谷445
最寄り駅:塩崎駅(JR中央本線)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次