『あなたがしてくれなくても』第11話(最終回)ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
あなたがしてくれなくても第11話(最終回)ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年6月22日(木)22時00分放送のフジテレビ『あなたがしてくれなくても』第11話(最終回)のあらすじとロケ地情報を地図を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。

\『あなたがしてくれなくても』完全ノベライズ本 発売中!/

これまでのロケ地情報はこちら

目次

『あなたがしてくれなくても』第11話(最終回)のあらすじ

第11話(最終回)は「ちゃんと決着をつけたい…」。視聴率は6.3%でした。

吉野みち(奈緒)は、夫の吉野陽一(永山瑛太)と、新名誠(岩田剛典)は、妻の新名楓(田中みな実)と離婚が成立した。「お互いのことが解決したら…」。そう伝えていた新名は、みちを水族館に誘う。新名の言おうとしていることがわかったみちは先に話そうとするが、新名は「今まで自分の気持ちは後回しにしてきたけど、あなたへの気持ちだけは大事にしたい」とそれを制して、「好きです。ずっと一緒にいてください」と捨て身の告白をする。新名の気持ちを正面から受け止めたみちは「気持ちには応えられない。誰にも頼らず1人で生きて行きたい」と正直な気持ちを返した。「ありがとう。ちゃんと振ってくれて」2人はセックスレスの戦友になれたことや、お互いを好きになったことを後悔していないと伝えあって別れた。

2ヶ月後、新名は陽一のカフェに呼ばれる。陽一は新名に、みちと別れたのかと聞く。口を濁す新名を見て、陽一は、みちと新名は付き合っておらず、新名は振られたことを知る。陽一がカフェに新名を呼び出したのは、ふと立ち寄ったカフェでみちと別の男がデートしている姿を見たからだった。「みちさんに限って」と否定する新名は、振られてから一度も会っていないと言う。そんな新名に、陽一は「みちは誰かがそばにいて見てやんなきゃダメじゃないの?」といら立つが、新名もまたいら立って「みちさんは1人で生きていますよ」と返す。

一方、みちは、1人で生きて行く決意はしているものの、実際に一人になってみて、不便さや寂しさを実感し始めていた。

そんな時、陽一の家に姉の麻美(紺野まひる)が来た。麻美は子供の音楽教室の発表会に行けないので、みちに代わりを頼んだと言う。自分も行こうとする陽一に、麻美は「あんたは来なくて良い」と告げるが…。

引用:フジテレビ『あなたがしてくれなくても』公式HP

原作本はこちら

『あなたがしてくれなくても』の最新話を無料配信しているのは?

TVerで最新話の無料配信をしています。

『あなたがしてくれなくても』を最新話まで全話配信しているのは?

FODで最新話まで全話配信しています。

『あなたがしてくれなくても』第11話(最終回)ロケ地

立石すずらん通り(東京都葛飾区)

誠(岩田剛典)が電話をしながら歩いていた商店街。角を曲がります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次