MENU
ドラマファンtokyo カテゴリー

「笑うマトリョーシカ」第2話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
笑うマトリョーシカ第2話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2024年7月5日(金)放送のTBS金曜ドラマ「笑うマトリョーシカ」第2話のあらすじとロケ地、店舗情報を、地図や写真を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。「笑うマトリョーシカ」の聖地巡礼(ロケ地巡り)のご参考にどうぞ!

第1話のロケ地情報はこちら

目次

「笑うマトリョーシカ」第2話のあらすじ

「笑うマトリョーシカ」の主な出演者:水川あさみ、玉山鉄二、丸山智己、和田正人、渡辺大、曽田陵介、青木柚、西山潤、濱尾ノリタカ、中山麻聖、咲耶、渡辺いっけい、大鷹明良、矢島健一、国広富之、東根作寿英、小木茂光、加藤雅也、筒井真理子、高岡早紀、櫻井翔
原作:早見和真「笑うマトリョーシカ」(文春文庫)
脚本:いずみ吉紘、神田優
プロデューサー:橋本芙美(共同テレビ)
音楽:大間々昴
主題歌:由薫「Sunshade」(Polydor Records)

原作本はこちら

第2話は「深まる疑惑…事故と元恋人の秘密」

父・兼髙(渡辺いっけい)の死は、BG株事件を闇に葬りたい鈴木(玉山鉄二)によって仕組まれたものではないか。さらに清家(櫻井翔)は鈴木に裏で操られており、助けを求めて自分に近づいてきたのではないか。そう考えた道上(水川あさみ)が清家のもとを訪れようとした矢先、道上の部屋に何者かが侵入し荒らされる事件が発生する。盗られたのはBG株事件に関する兼髙の資料や取材ノートのみ。道上はますます鈴木に対する疑惑を深めていくのだった。

そんな中、道上は清家の自叙伝「悲願」で清家がかつて私設秘書を務めていた代議士・武智(小木茂光)もまた、兼髙と同じく不慮の交通事故で命を落としていたことを知る。おまけに武智の死後、清家は彼の地盤を引き継ぎ、27歳の若さで初当選していて・・・。

引用:TBS金曜ドラマ「笑うマトリョーシカ」公式HP

「笑うマトリョーシカ」第2話ロケ地

不明(※調査中)

1年前、道上(水川あさみ)が、的場議員の秘書・柏木(高松克弥)に、証拠を握っているあなたしか証言できないとしつこくお願いをしていた柏木のマンション。

柏木の告発のスクープ記事が出た後、道上が救急搬送される柏木を見たマンション前。

東京新聞(中日新聞東京本社)(東京都千代田区)

道上が働いている東都新聞文芸部のオフィス。

道上が山中(丸山智己)と話をしていたビルのエントランスロビー。清家へ直接美恵子のことを聞きに行こうとしたところ、清家の秘書・坂本から今後一切取材は受けないという連絡が来ます。

こちらのロケ地は、第1話のロケ地情報に詳しく載せています

不明(※調査中)

ユーチューバー(宮下貴浩)が、道上の息子・勇気(森優理斗)にインタビューをしているのを道上が見つけ、勇気を連れて逃げた公園。

ちゃんこ料理 一の谷(東京都千代田区)

道上が「インコを探しています」の貼り紙を店先に貼っていた、道上と母・香織(筒井真理子)が住む「小料理 らんか」。

こちらのロケ地は、第1話のロケ地情報に詳しく載せています

パレスサイドビル(東京都千代田区)

道上が山中(丸山智己)と青山(曽田陵介)に、父・兼高(渡辺いっけい)の残したBG株事件のノートが盗まれたことを話していた会社の屋上。

こちらのロケ地は、第1話のロケ地情報に詳しく載せています

よしむら(東京都板橋区)

清家一郎(大学生時:青木柚)が佐々木(大学生時:濱尾ノリタカ)から、次期官房長官と言われていた武智和宏(小木茂光)を紹介された、愛媛県松山にある佐々木の実家の日本料理店「春吉」。

予約可能→食べログでよし邑の詳しい情報を見る

東京都板橋区蓮根2丁目19-12
最寄り駅:蓮根駅(都営三田線)

関連ランキング:日本料理 | 蓮根駅西台駅志村三丁目駅

ウエインズトヨタ神奈川センター北店前(神奈川県横浜市)

清家が27歳の時、武智が自動車事故に巻き込まれて急死した松山市内の歩道。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次