MENU
ドラマファンtokyo カテゴリー

「海のはじまり」第1話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
海のはじまり第1話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2024年7月1日(月)に放送をスタートしたフジテレビ月9「海のはじまり」第1話のあらすじとロケ地、店舗情報を、地図や写真を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。「海のはじまり」のロケ地がどこなのか、気になる方向けにお届けします。「海のはじまり」の聖地巡礼(ロケ地巡り)のご参考にどうぞ!

\DMMブックスなら試し読みできる!/
目次

「海のはじまり」第1話のあらすじ

「海のはじまり」の主な出演者:目黒蓮、有村架純、泉谷星奈、木戸大聖、古川琴音、池松壮亮、大竹しのぶ
脚本:生方美久(代表作:「silent」、「いちばんすきな花」など)
プロデュース:村瀬健(代表作:「silent」、「いちばんすきな花」、「監察医 朝顔」シリーズなど)
音楽:得田真裕(代表作:「silent」、「いちばんすきな花」、「監察医 朝顔」シリーズなど)
主題歌:back number「新しい恋人達に」(ユニバーサル シグマ)

第1話は「『ママが大好きだった人』…親と子の愛の物語。」視聴率は8.0%でした

東京の印刷会社に勤務する月岡夏(目黒蓮)には、化粧品メーカーで働く百瀬弥生(有村架純)という恋人がいる。2人は平凡だが、幸せな日々を送っていた。ある日、夏のアパートで夏休みの予定を合わせようと話していると、夏のスマートフォンに着信が。応対した夏の表情がこわばる。

翌朝、夏は実家に向かう。突然の訪問に、朝食を食べていた父・和哉(林泰文)、母のゆき子(西田尚美)、弟の大和(木戸大聖)は何事かと思うが、多くを語らない夏の雰囲気に事情を察する。自室で喪服を出していた夏に、和哉は黒いネクタイを差し出す。

葬儀場に来た夏は、「故 南雲水季 儀 葬儀式場」と書かれた案内板の前で立ち止まる。大学時代の友人・真山純希が「何年ぶり?」と声をかけてきた。「8年ぶり」と答える夏。亡くなった水季(古川琴音)は、夏が大学時代に交際していたかつての恋人だった。

夏は焼香の列で、水季の母・朱音(大竹しのぶ)、父・翔平(利重剛)ら親族にあいさつをした際、一緒にいる女の子に目をとめる。その女の子が水季の子供だと知り、夏は驚く。

夏が葬儀場のロビーにいると、先ほどの女の子が津野晴明(池松壮亮)と会場から出てくる。夏が話しかけると、女の子は海(泉谷星奈)と名乗り、6歳だと夏に告げる。夏は、水季との記憶に思いを馳せ…。

引用:フジテレビ「海のはじまり」公式HP

「海の始まり」第1話ロケ地

和田海水浴場(神奈川県三浦市)

南雲水季(古川琴音)と娘の海(泉谷星奈)が歩いていた砂浜。

神奈川県三浦市初声町和田
最寄り駅:三崎口駅(京急久里浜線)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次