『ケイジとケンジ、時々ハンジ。』第8話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
ケイジとケンジ、時々ハンジ。第8話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年6月1日(木)21時00分放送のテレビ朝日『ケイジとケンジ、時々ハンジ。』第8話のあらすじとロケ地情報を地図を用いてお伝えしていきます(ネタバレあり)。

これまでのロケ地情報はこちら

目次

『ケイジとケンジ、時々ハンジ。』第8話のあらすじ

第8話は「検察立会事務官拉致事件!?兄妹の絆で真実を暴け!」。視聴率は7.6%でした。

離婚調停中の1児の母・久保田涼子(橋本マナミ)が、夫側の弁護士・五十嵐明(徳重聡)にグラスを投げつけ、顔に全治1カ月のケガを負わせた。ところが送検されてもなお、涼子は頑として黙秘を貫く。そこで担当検事の亀ヶ谷徹(西村元貴)は勾留延長を請求するが、なぜか涼子は判事・諸星美沙子(吉瀬美智子)の勾留質問では理由こそ語らないものの、罪については素直に是認。証拠隠滅も逃走の恐れもないと判断した美沙子によって請求は却下され、涼子はいったん釈放される。

しかし、この美沙子の判断がまさかの裏目に出てしまう。亀ヶ谷が在宅で取り調べを続行しようとしたところ、涼子と突然連絡が取れなくなってしまったのだ! 亀ヶ谷は被疑者が女性ということもあり、本来は二階堂俊介(北村有起哉)付きの立会事務官である仲井戸みなみ(比嘉愛未)にも同行してもらい、涼子の自宅を訪問。ところが、なんと涼子は窓から逃げ出し、駐車場へ! 止めようとしたみなみを車に乗せたまま、逃走してしまった!!

大切な妹・みなみが拉致された!?――知らせを受けた横浜みなとみらい署強行犯係の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は激しく狼狽。自らのミスで“あってはならない事態”を招いてしまった亀ヶ谷、さらに涼子を釈放した張本人である美沙子にも動揺が走る。一方、逃走中の車内で涼子と話したみなみは、事件の背景にどうにも拭えない違和感を覚え…!?

そんな中、捜査は想定外の局面へ――。思わぬ新事実が次々と浮き彫りになっていき…!?

引用:テレビ朝日『ケイジとケンジ、時々ハンジ。』公式HP

\『ケイジとケンジ、時々ハンジ。』のオリジナル・サウンドトラックは2023年6月14日(水)発売!/

『ケイジとケンジ、時々ハンジ。』の最新話を無料配信しているのは?

TVerで最新話の無料配信をしています。

『ケイジとケンジ、時々ハンジ。』を最新話まで全話配信しているのは?

TELASAで最新話まで全話配信しています。

『ケイジとケンジ、時々ハンジ。』第8話ロケ地

珈琲 王城おうじょう(東京都台東区)

久保田涼子(橋本マナミ)が弁護士の五十嵐明(徳重聡)に、水の入ったグラスを投げつけた喫茶店。

涼子がグラスを投げつけたのは、涼子の夫・久保田剛(植木祥平)の味方であり、剛の浮気のことも知っている五十嵐から、いきなり離婚届を突き付けられ、慰謝料は50万円、息子・翼(岩本樹起)の親権にまで一方的に話をしだしたから。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次