MENU
カテゴリー

『三千円の使いかた』第3話ロケ地まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
三千円の使いかた第3話ロケ地まとめタイトル

この記事は、2023年1月20日(土)放送の東海テレビ・フジテレビ系『三千円の使いかた』第3話のあらすじとロケ地情報をお伝えしていきます。

これまでの『三千円の使いかた』ロケ地情報はこちらです。

目次

『三千円の使いかた』第3話あらすじ

第3話は「熟年離婚の経済学」。

55歳の智子(森尾由美)は健康診断の結果、子宮体がんのステージ1だと分かる。娘の美帆(葵わかな)・真帆(山崎紘菜)はもちろん、義母の琴子(中尾ミエ)も心配して励ましてくれるが、反応の薄い夫・和彦(利重剛)からは「大丈夫か」の一言もなく不満を募らせる。
そんな中、親友の千さと(とよた真帆)から熟年離婚を考えていると聞かされ動揺する智子。
航空会社勤務の夫と結婚し、裕福な暮らしをしていたはずの千さとでも、離婚後の生活は苦しくなるらしい。「もし自分だったら」と不安になる智子だったが…。

引用:東海テレビ・フジテレビ『三千円の使いかた』公式HP

原作本はこちら

\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

『三千円の使いかた』の最新話を無料配信しているのは?

Locipo(ロキポ)とTver(ティーバー)で最新話の無料配信しています。

『三千円の使いかた』を最新話まで全話配信しているのは?

FOD(エフオーディー)とU-NEXT(ユーネクスト)では、『三千円の使いかた』を最新話まで全話配信しています。

『三千円の使いかた』第3話ロケ地

御厨家などのロケ地は、第1話のロケ地情報に詳しく載せています。

ジョイフル三ノ輪(東京都荒川区)

美帆(葵わかな)の母・智子(森尾由美)が歩いていた冒頭の商店街。美帆の家の近くにあります。

こちらのロケ地は、第1話のロケ地情報にまとめてあります。

プラネアールみずほ台井上病院スタジオ(埼玉県富士見市)

智子が精密検査を受けに行った病院。検査の結果、ステージIの子宮体がんで、手術のために10日間入院することになりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次